幼稚園の受験とは? 受験内容や準備について

2019年2月26日

子供を通わせたい幼稚園はすでに決まっていますか? 幼稚園によっては、受験を実施しているところも少なくありません。

特に、人気のある有名幼稚園や大学付属の幼稚園だと受験の難易度も上がり、事前の準備が大事になってきます。
しかし、初めての幼稚園受験は、何から始めればよいか分からず不安ですよね。今回は、幼稚園の受験の内容や準備などについて詳しくご紹介します。

幼稚園の受験とは? 受験内容や準備について

幼稚園受験のスケジュール

幼稚園受験はどのようなスケジュールで進んでいくのでしょうか?
ここでは幼稚園受験を決めてから結果発表までの流れを解説していきます。

希望する幼稚園の説明会へ参加
まずは、幼稚園の説明会へ参加しましょう。
説明会は幼稚園ごとに異なり、4月に始めるところもあれば受験直前の8月や9月に実施する園もあります。
そのため、希望の幼稚園の説明会の日程は、早めに確認すると良いでしょう。

幼稚園の見学や体験入園
幼稚園によっては、園内の見学や体験入園を実施しているところもあります。
実際の様子をみることで、幼稚園を決めるときの参考になるでしょう。

願書の提出
受験したい幼稚園が決まったら、いよいよ願書の提出です。
提出時期や締め切りは幼稚園によって異なるので、必ず確認が必要です。

受験
幼稚園受験は一般的に、10月か11月に行われることが多いようです。
風邪がはやる季節でもあるので、体調管理には気を付けましょう。

合格発表
結果の通知は、合否に関係なく受験の翌日から翌週ごろまでに郵送で届く場合が多いようです。

幼稚園の受験内容

幼稚園受験では一般的に、考査と面接が行われています。
それでは考査と面接について詳しく解説していきましょう。

考査について
幼稚園によって考査の内容は異なりますが、主に以下の点を見ることが多いでしょう。

・運動能力
マット運動や教師の動きを真似して行う模倣体操などがあります。

・知能
パズルや教師の話を記憶出来ているかなどの記憶力を調べます。

・手先の器用さ
絵を描かせたり、積み木遊びをさせたりして手の器用さを見ます。

・行動観察 自由に遊ばせて、教師とコミュニケーションがとれるか、大人数の中でトラブルを起こさず遊べるかなどの振る舞いを見ます。

・生活習慣
お片付けが出来るかなどを見ます。

面接
面接には、親だけで面接や親子で面接などさまざまなパターンがあります。
子供に対しては、自分の名前や好きな食べ物・嫌いな食べ物など簡単なことを聞かれることが多いでしょう。
親に対しては、志望理由や教育方針、しつけ、子供の普段の様子などの質問をする場合が多いので、事前に考えをまとめておくことをおすすめします。

幼稚園受験は事前準備が大事

幼稚園の受験では、前もってきちんと対策を立てることが重要です。
挨拶やお片付け、正しい言葉使いなどは面接が近づいてから慌てて教えなくても、日頃の生活や親の接し方で自然と身に着くものです。

心配なことがありましたら、生活習慣の見直しから始めましょう。
また家庭では知能面などのサポートが不安という場合、幼児教室へ通わせるのも良いでしょう。
希望する幼稚園の受験対策に力を入れている教室へ通わせると安心です。

幼稚園受験は、子供の受験ですが親の受験でもあります。親のしつけや教育、生活態度が子供には大きく影響するため、受験直前に対策するより日頃の努力が重要です。
また、受験で問われる点は日常生活の基本的な動作が多いので、受験をするかどうかに関係なく子供が出来るようにしておきましょう。

子どもの習い事の理想的な数
  • ニュースとイベント
  • 秋キャンペーン
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube