2020年から必修化する小学校の英語教育。どんな変化があるの? 

学習指導要領の改訂により、2020年から小学校での英語教育が必修化されることが決定しました。
小学校入学前の子どもがいる保護者の方は、現状とどのように変わっていくのか気になることでしょう。
そこで今回は、小学校の英語教育にどのような変化があるのか詳しくご紹介していきます。

2020年から必修化する小学校の英語教育。どんな変化があるの?

小学3年生から英語教育がスタート

現在の英語教育では、小学校5年生から英語に慣れるための体験型の授業がおこなわれていますが、2020年以降は3年生からスタートします。
授業内容は、アルファベットを書いたり簡単な挨拶をしたりと、英語のリズムに慣れることに重点を置いています。
英語を楽しむことを目的としているので、教科としての扱いではなく成績もつきません。
小学校3・4年生の目標とするレベルは、簡単な英語の質問に英語で返せる程度です。この時期は、本格的に英語学習を始める前の準備段階といえるでしょう。

小学5年生から英語が正式科目に

小学校5年生になると、国語や算数などの教科と同じように英語の成績もつくようになります。
授業の目的は、英語を楽しむことから英語を言語として学ぶことに変わります。英語での読み書きが加わるため、文法や単語の学習が増えるでしょう。
また、英語で自己紹介をしたり自分の意見を述べたりすることも求められ、これまで日本人が不得意だった「スピーキング」にも重点を置いています。 現在中学校で習っているレベルの英語を小学校5・6年生で学ぶということです。

入学前からの英語教育が大切

小学3年生というと、漢字を覚えたりしながら日本語の読み書きを学んでいる最中です。
そんな中、英語教育の導入が始まると、子どもが授業についていけなくなるのではないかと不安に思う方も多いでしょう。
そこで重要となってくるのが、小学校入学前からの英語教育です。一緒に英語の歌やゲームをするなど各家庭で英語と触れ合う時間を作ることで、よりスムーズに英語の授業に取り組めるでしょう。
もし家庭での英語教育に不安がある場合、英語の幼児教室に通わせるのも良い方法です。
ネイティブの先生が在籍している教室であれば、生きた英語と触れ合うよい機会になるでしょう。

2020年から始まる英語教育に対して、不安を持っている保護者の方は少なくありません。
少しでも子どもがストレスを感じずに英語の授業を受けられるよう、入学前から英語に触れる環境を作ることは大切です。
そのためにも、早いうちから英語の幼児教室へ通わせることを検討してみてはいかがでしょうか。

入学前からの英語教育が大切
  • ニュースとイベント
  • 秋キャンペーン
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube