【イギリス編】外国の子供に人気の遊び7つ 

2019年8月9日

世界各国で文化が違えば、子供時代に夢中になる遊びもさまざまです。
各国の子供たちがどのような遊びをして育っているのかと気になりますよね。
そこで今回は、英語圏のイギリスに注目。子供たちに人気の遊びについて調べてみました。
海外への理解を深めるためにも、ぜひチェックしてみてくださいね。

【イギリス編】外国の子供に人気の遊び7つ

イギリスの子供に人気の遊び

イギリスといえば、音楽や芸術などが盛んで、日本の文化とは大きく異なるイメージがありますよね。
しかし意外にも、かくれんぼや泥遊びなど日本でもおなじみの遊びがイギリスでも大人気。折り紙やあやとりなどの遊びも取り入れられているようです。
とはいえやはり、日本にはなじみのないもので、イギリスでは大人気という遊びももちろんあります。今回はその中から7つご紹介いたします。

ジェンガ
日本でも知られていますが、イギリスでは子供たちがジェンガでよく遊んでいます。
積みあげられた木片のタワーを、そっと崩さないように抜き取り、上に積みあげていくテーブルゲームです。

ドミノ
ドミノカードをすべて重ねて伏せておき、決められた枚数ずつ取る。
出されているドミノの両端の目と同じ目があれば出すことができ、手元にあるカードが早くなくなった者が勝ち、というカードゲームです。

チェス
チェスは、イギリスの国民的ゲームだと言われています。日本でも知られていますが、日本でいう将棋のような位置づけでしょうか。
イギリスには、年齢を問わずチェス対戦を楽しめる「オープンチェス」という場所もあるようです。

デン(隠れ家)作り
屋外で隠れ家を作る遊びで、日本でいう基地遊びのようなものです。
デンとは、隠れ家やほら穴を指します。枝を拾い集めて三角屋根のテント型の小屋を作り、その中に布を敷くなど、日本の基地に比べて作り込まれたものです。
デンの中に自分の大切なものを隠したりして遊びます。
屋外だけでなく、家の中でもクッションやシーツなどを使用してデン作りをしているようです。

マーブルレース
日本にもあるビー玉を使いますが、遊び方が違います。
積み木やペン、ノートなどを使ってビー玉が通るコースを作って転がす遊びです。

フェイス・ザ・クッキー
クッキーなどのお菓子をおでこに乗せ、顔の力だけで口まで動かすゲームです。
見事食べられたら成功なのですが結構むずかしく、苦戦している様子に盛り上がります。

ネイチャー・ウォーク・ブレスレット
ガムテープのくっつく方を外側にして腕に巻き、庭や野原を散歩しながら摘んだ草花などを、そこにくっつける遊びです。
簡単に世界で一つだけのブレスレットが完成するので、女の子に人気の遊びです。
いかがでしたでしょうか? イギリスでなくても、日本でもすぐに真似して遊べるものばかりですね。
イギリスの遊びを少し取り入れてみることで、イギリスへの親近感につながるかもしれません。
また、イギリスだけでなく世界の遊びを取り入れることで、海外や英語への興味を引き出すことができます。
幼児教室なら、英語を使って楽しくゲームができるので、よりいっそう英語への興味を高められますよ。
子供の英語能力を高めたいという方は、ぜひ幼児教室に参加してみてくださいね。

英語脳が育つ時期
  • ニュースとイベント
  • 秋キャンペーン
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube