子どもが嘘をつくときの「心理」と子どもの嘘への「適切な対処法」

言葉を自在に操れるようになった子どもは、ときには嘘をつくこともあります。
子どもが嘘をつくのはどういった心理によるものなのでしょうか?
そして、子どもの嘘に対して親はどう対処するのが適切なのかを探っていきましょう。

子どもが嘘をつくときの「心理」と子どもの嘘への「適切な対処法」

子どもの嘘は「自己防衛本能」によるもの

子どもの嘘で最も多いのは、自己防衛本能が働いているパターンです。たとえば、誰かを叩いたり物を壊したりなど、いけないことをしてしまったときに「やっていない」という嘘をつくケース。
本当のことを言うと怒られてしまうと思い、子どもはとっさに嘘をついてしまうのです。

幼児期だけでなく小学生や中学生になってからも、子どもは自己防衛本能からたびたび嘘をついてしまうことがあります。特に、思春期に入る頃は親に言えないことも出てくるので、嘘のパターンも多くなってきます。

子どもの嘘にはさまざまなパターンがある

自分を守ろうとする嘘だけでなく、注意を引きたいときや願望があるときに嘘をつくケースもあります。
たとえば、怪我をしていないのに「痛い」と言ったり、事実ではないのに「今日は先生に褒められた」と言ってみたり、友達に対して持っていないゲームを「持っている」と自慢したり。
また、想像や空想と現実が混ざってしまい、結果的に嘘になってしまうパターンもあります。

子どもが嘘をつくのは成長の一過程

子どもが嘘をつくようになると、親としては「子育てが間違っていたのかな」と不安になってしまうでしょう。でも、子どもが嘘をつくのはよくあることなので、気に病みすぎないことが大切です。
善悪の区別や自分なりの願望が出てきて、自分にとって都合が良い嘘をつけるだけの知恵が発達してきたという証拠でもあります。子どもの心の中では、自分に関心を持ってほしいとか、自分を守りたいといった複雑な心理もどんどん発達しているのです。

子どもの嘘への適切な対処法は?

子どもの嘘に対して頭ごなしに叱ってしまうと、子どもは頑なになったり、自己防衛本能からさらに嘘を重ねてしまったりすることもあります。できるだけ子どもが素直になれる穏やかな雰囲気を作り、子どもの話をきちんと聞いてあげるのが理想です。

そうした上で、どうして嘘をついてはいけないのかをきちんと教えることも欠かせません。その嘘が誰かを傷つけたり誤解を与えたりしてしまう危険性についてきちんと教えてあげるようにしましょう。
今後はどうしたら良いのかを子どもと話し合ったり、嘘をつかずに済む環境を上手に作ってあげたりするのも重要なポイントとなります。

子どもが嘘をついたときには、嘘にきちんと向き合ってあげることが大切です。ときには、幼児教室の先生などを頼るなどして子どもの嘘の原因を冷静に探り、適切に対処できるよう心がけてあげてください。

子どもが嘘をつくときの「心理」と子どもの嘘への「適切な対処法」
  • ニュースとイベント
  • 夏のバブルパス
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube