何歳から受けられる? TOIECとはどんなテスト内容なの?

英語の能力を測るテストとして知られるTOEICは、単に英語能力の証明だけではなく、大学入試や就職の採用においても使われている有名なテストです。今回はTOEICがどのような内容の試験で、どのようなメリットがあるのかについてご紹介します。

TOEICとはどんな試験?TOEFLとの違い

英語の能力を測るテストはいくつか存在します。
その代表格の一つであるTOEICは「Test of English for International Communication」の略で、英語の実践的な能力を測るためのテストです。問題は世界中どこでも同じものが出題され、150か国以上で実施されています。合否判定ではなく、スコアで表されるのも特徴です。

実はTOEICは3種類がありますが、日本では「TOEIC Listening & readeing テスト」のことを指すのが一般的です。問題はすべて英語表記のマークシート方式で、リスニングが約45分100問、リーディングが約75分100問、合計200問を2時間で解答します。
一方、TOEFLはTest Of English as a Foreign Languageの略で、学生向けのテストです。アメリカやイギリスなどの学校の入学・卒業の基準として使われています。

TOEICを受けるメリットとは?

TOEICとTOEFLではテスト内容や求められる能力が異なるので、対策も違ってきます。
TOEICとTOEFLなら、TOEICのほうが使い道が広いテストです。TOEFLは英語圏へ留学するための英語能力を測るテストなので、内容はどちらかというとアカデミック。TOEICは英語圏の社会で使われる表現方法を試されるため、実践的な英語能力の証明になります。

大学においても推薦やAO入試の出願要件としてTOEICスコアを採用しているところがありますし、企業や公官庁ではTOEICのスコアを英語能力の判断材料として採用しているところが多く、TOEICスコアが高ければ就職の際に有利になります。
英検のように合否判定ではなく、スコアで表示されるため気軽に受けられること、年10回行われるので挑戦しやすいこともTOEICのメリットです。

TOEICには年齢制限がある?

試験の中には受験資格や年齢制限があるものが少なくありませんが、TOEICには受験資格や年齢制限はなく、誰でも受験することができます。TOEICを受けるのは学生と社会人が半々で、ボリュームゾーンは20代前半です。11歳以下で受験する場合は、申し込む前にIIBC試験運営センターに電話連絡をしておくと、受験のサポートを受けられます。
また、実施回数が多いTOEICですが、受験の回数制限もないので何度でもチャレンジOKです。何度でも受けられるという性質上、TOEICスコアは時間が経ちすぎると信憑性が薄れてくるので、スコアを提出する場合は一般的には2年以内のものを使います。

TOEICは他の英語試験に比べ使い道が広いのが特徴です。実践的な英語能力を持っている証明になり、大学入試や就職の採用において有利になるため、小さいうちから英語を習わせるなら、あわせてTOEICの対策を取っておくといいでしょう。

  • ニュースとイベント
  • 春キャンペーン
  • プリスクール春ターム
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube