子どものボキャブラリーを増やそう! カードを使った英単語の覚え方

語彙が豊富なほうが難しい概念を相手に伝えられるため、語学力はどれだけ単語を覚えているかに左右されます。ある程度の年齢であれば単語帳で覚えることもできますが、子どもの場合は英単語と日本語だけではなかなか覚えらないので、画像入りのカードでイメージと結びつけると効果的です。今回はカードを使った英単語の覚え方をご紹介します。

英単語は画像入りカードが覚えやすい理由

親御さんの中には、英単語を覚えるのに苦労した、という人も多いことでしょう。日本人がなかなか英単語を覚えられないのは、英単語を一度日本語に置き換えているからです。たとえば、bookは本、というように。ですが、本来言葉はイメージと直結します。置いてある本を見れば日本人なら「本だ」と思い、英語圏の人なら「book」という言葉がすぐに浮かびます。イメージに対し、間に日本語が入らないようにすることが単語を増やすためにも、英語脳を作る上でも重要です。
イメージと単語を直結させるには、イラストや写真など画像つきの英単語カードを使うのが効果的です。キリンのイラストを見ればGiraffeという単語がすぐ出てくるように、同じカードを繰り返し見せることでイメージの単語がすぐに出せるようになります。
また、こうした画像入りカードは、クイズやかるた遊びなど子どもが好きなゲームに取り入れやすく、楽しみながら覚えられる点がメリットです。
実際に、英語圏の子どもはイラストを単語や簡単な文章で説明した「ピクチャーディクショナリー」という本を使って、身近な単語や言い回しを学んでいます。

効果的なカードの作り方

市販品を使ってもいいのですが、どうせなら子どもと一緒にカードを作ってみましょう。子どもと一緒に作ると、自分の好きなものを選べる上に、作る楽しさも味わえるので英単語そのものに興味を持たせることができるからです。
子どもと一緒に身近なもののイラストと英単語をカードに描き、別のカードに日本語を書きましょう。クイズにしたりかるたにしたり、単語を言う速さを競ったり、カードを使ったゲームは子どもの挑戦心をくすぐるツールです。
発音を書き込む場合は、waterなら“ウォーター”ではなく“ゥワラ”というように、耳で聞いた音を書き込むようにします。

カードを使った英単語の覚え方

覚えた単語も使わなければ忘れていきます。カードを作ったらイラストが描いてあるカードを子どもに見せながら、子どもが言えるようになるまで何度も発音を聞かせましょう。
そのあと、クイズやかるた遊び、競争などで遊び、うまくできたら「Very good!」「Good job!」と言って、褒めてあげましょう。
記憶は強い感情をともなっているほうが長く残りやすいので、何枚かのカードを使って子どもが興味を持ちそうな物語を作るのもおすすめです。楽しい記憶がともなうことで、物語に登場した英単語は子どもの中にしっかりと残っていきます。
また、人は覚えたものは忘れていくようにできており、記憶の定着には完全に忘れる前に思いだすことを繰り返すことが重要です。覚えきったカードも、時間を置いて使うようにしましょう。

子どもに英単語を覚えさせるには、イメージと言葉が直結しやすい画像入りの英単語カードが向いています。カードは市販品ではなく、子どもが好きなものを一緒に作ると、興味を持ちやすいのでおすすめです。
幼児期から英語に親しむことで、動作や形容詞などの英語を「体験」とともに覚えることができます。英単語が覚えやすくなるため、本格的に英語学習を始める際の手助けにも期待できます。今回紹介したカードを使った英単語学習は、子どもの将来にも良い影響を与えてくれるでしょう。

  • ニュースとイベント
  • 春キャンペーン
  • プリスクール春ターム
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube