勉強のポイントに! インプットとアウトプットを上手に活用しよう

学習の基本となるのが「記憶」ですが、人の脳は基本的に忘れるようにできています。
とくに英語の学習は、単語や文法の記憶が重要になるため、効率よく記憶をする方法を学習に取り入れなければなりません。
ようやく覚えたことをずっと忘れないように記憶して自分の中に定着させるためには、「覚える(インプット)」「思い出す(アウトプット)」の2つを繰り返すことがポイントになります。今回は、勉強に取り入れたいインプットとアウトプットの活用法についてご紹介します。

知識の定着にはインプット・アウトプットの繰り返しが必要

「興味があるものはすらすらと覚えられるのに、重要度が高くても興味がないものはなかなか覚えられない」という方は多いのではないでしょうか。
この理由は、体験したことすべてを記憶しているとパンクを起こしてしまうので、人の脳が記憶を「取っておくもの」「忘れてもいいもの」とに振り分けているためです。
「取っておくもの」のリストには「自分にとって重要なもの」「強烈な体験」「反復性があるもの」があります。
ドイツの心理学者エビングハウスによって、人は興味のないものの記憶は1時間後には56%、1日後には74%も忘れてしまうことがわかっていますが、2日後、1週間後など「忘れたころにもう一度覚え直す」という作業を入れると、その記憶を定着させることができるといわれています。
記憶の定着にはただ覚え直すだけではなく、覚えたかどうかの確認作業を入れることが大切です。そうすることで曖昧さを払拭し、より記憶が確かなものなります。
つまり記憶の定着には「覚える(インプット)」「思い出す(アウトプット)」の繰り返しが必要なのです。

効果的なアウトプットのタイミングは?

復習のインプットを定期的に行っても、覚えるものの量が多ければはじめに覚えたことは忘れていきます。インプットに時間をかけてしまうと、アウトプットが行えないのです。
ですからインプットには極力時間をさかず、英単語帳などでスピーディーに覚え、アウトプットにかける時間を確保することが大切です。
また、勉強をする上でもう1つ大切なのが、モチベーションの維持。たくさんインプットを行うと「覚えたはずなのに思い出せない」というストレスを抱えがちになり、勉強への意欲低下を招きがちです。インプットしたものはこまめにアウトプットして、勉強の成果を確認するという方向性の学習法がおすすめです。

インプットとアウトプットを勉強に取り入れるコツ

・テキストを隠して思い出す
覚えたことをこまめに確認するためには、勉強した範囲の小テストをこまめに行うのがベストですが、いつでも小テストが行えるわけではありません。
そんなときに活躍してくれるのが、インプット・アウトプットの勉強法です。
たとえば、テキストなどでは重要な部分が赤字になっているものが多くありますが、一度読んだあと、その部分をシートで隠して「ここには何が書いてあったかな?」と確認させるのです。
以前登場した重要語があれば、「なんだったかな?」とその都度、確認をします。この確認作業こそがアウトプットです。学校の勉強以外でも、重要な言葉や公式などが登場するたびに「なんだったかな」と確認作業を入れるようにしましょう。
一気にインプットを行うより、インプットの合間にアウトプットをこまめに組み込むことで、小テストを行わなくても知識の定着に効果が期待できます。

・友だちや家族に学習した内容を言葉で説明する
一度学習して覚えたことを、友だちや家族に説明をするというのもインプット・アウトプットの学習法といえます。覚えたこと(インプット)を、人が理解できるように自分の中で整理して解説する(アウトプット)ことで、自身の理解も深くなって記憶に定着させることができます。

・学習した内容を自分でまとめる
学んだことを自分の言葉に置き換え、ノートなどに書き出すこともアウトプット勉強法の1つです。決して長く書くのではなく、要点を思い出しながら簡潔に書くのがポイント。
とても簡単な方法ですが、あとで見返すこともできるため効率的な学習法といえるでしょう。

記憶を定着させるためには、インプットだけではなくアウトプットを行うことが大切です。また記憶は反復することでしっかり定着するので、勉強中にもインプットとアウトプットをこまめに取り入れましょう。

  • ニュースとイベント
  • 夏のバブルパス
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube