こどもの日を楽しもう! お祝いをする由来とお祝い方法

5月5日はこどもの日。別名「端午の節句」ともいい、柏餅やちまきを食べたりこいのぼりを上げたりする習慣がありますが、その由来はなかなか知られていないものです。
そこで今回は、こどもの日の由来と、お祝いの方法をご紹介いたします。

こどもの日を楽しもう! お祝いをする由来とお祝い方法

こどもの日の由来は……厄除けだった!

現在では5月5日のイベントを「こどもの日」と呼んでいますが、古くでは「端午の節句」と呼ばれていました。
この節句は、古代中国で旧暦5月5日の端午の日に厄払いをしていたことが古代の日本に伝わって定着したものです。

旧暦の5月上旬は現在の暦でいうと6月半ば。
この頃ちょうど気温が上がってきて病気が流行ることから、古代中国では5月5日の端午の日に悪いものを祓う効果があるとされる菖蒲(しょうぶ)を飾ったり、菖蒲をつけたお酒を飲んだりして厄除けを行っていました。
これが日本に伝わり、平安時代には菖蒲で飾りをつけた兜や人形を作って厄払いをする宮中行事として定着したのです。

男の子の節句になったのは鎌倉時代以降

鎌倉時代以降、武士の時代に入ると「菖蒲」と「尚武(武道を重んじる)」が同じ発音であることから、端午の節句は厄払いに加え、男の子の成長と出世を願う意味合いを持つようになりました。
5月人形が兜の形をしているのはこのためです。

また、中国には「黄河の竜門という滝を登り切った鯉が竜になった」という言い伝えがあり、登竜門の語源となっています。
武家では男の子が生まれるとのぼりを上げてお祝いをする習慣がありましたが、江戸時代中期ごろから、商人の間で竜門の伝説をもとに立身出世の願いをこめて鯉の形をしたのぼりを上げるようになり、現在のこいのぼりとなりました。
日本では男の子の日のイメージが強い端午の節句ですが、中国では子どものイメージはなく、今でも厄払いの節句です。 そうすることで子どもは「愛されている」という自己肯定感を持つことができます。

端午の節句が「こどもの日」になったのはいつ?

端午の節句は今でも男の子の健やかな成長を願う日として定着していますが、カレンダーの上では「男の子の日」ではなく「こどもの日」となっています。
戦後、新たな祝日を制定する際に、国は「こどもの日」をどこかに入れようと考えていました。
3月3日や4月1日という案も出たのですが、国会に出された「こどもの日を祝日に」という請願の中で最も多かった希望日が5月5日だったため、国は1948年に5月5日を「こどもの日」という祝日として制定したのです。

家族で楽しもう! こどもの日のお祝い方法

こどもの日は端午の節句と同日なので、端午の節句のお祝いをするのが一般的です。
男の子のいる家ではこいのぼりをあげ、5月人形を飾ります。

また、子どもの健やかな成長を家族みんなで祝い、縁起物であるちまきや柏餅、出世魚であるスズキやブリを食べるのが習慣となっています。
ちまきは邪気を払うもの、柏は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから、柏餅には子孫繁栄の意味が込められています。

いつの時代も子どもの健やかな成長は親の願いですが、その内容は時代とともに変化してきています。
戦国時代や江戸時代、まだ武士が日本にいた頃、武家では生きていくスキルとして小さいうちから武道を教えていました。
これを現代に置き換えると、幼児教育といえます。
近年では社会のグローバル化が進み、日本でも英語力は必須といえます。
子どもの将来を豊かにするためにも、英語を主体とした幼児教育を始めてみてはいかがでしょうか。

時代に合わせたスキルを小さいうちから持たせるようにするのも、親がこどものためにできることと言えるでしょう。

家族で楽しもう! こどもの日のお祝い方法
  • ニュースとイベント
  • 夏のバブルパス
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube