七夕の由来や短冊の書き方とは? 子どもと一緒に季節行事を楽しもう!

七夕の時期になると子どもに「七夕ってなに?」「なぜ七夕には短冊を飾るの?」と質問されることもあるかもしれません。そんなときに七夕の正しい意味や由来を教えるためには、大人が十分な知識を持っておくことが大切です。
七夕の由来や短冊の意味についておさらいしておき、子どもに分かりやすく教えてあげましょう。この記事では、七夕祭りの由来や七夕の楽しみ方について紹介します。

七夕の由来や短冊の書き方とは? 子どもと一緒に季節行事を楽しもう!

まずは「七夕伝説」をおさらいしてみよう

七夕といえば、彦星と織姫の話が有名ですよね。これを子どもに正しく説明してあげるためにも、まずは七夕伝説のおさらいをしておきましょう。
『あるところに、彦星という若者と、神様の娘である織姫がいました。2人は働き者でしたが、結婚すると急に仕事をせず怠けるようになってしまいます。怒った神様は2人を引き離して天の川を作ってしまいました。
引き離されて泣き暮らす2人の姿に、神様は「心を入れ替えて働いたら1年に一度だけ会わせてあげよう」と伝えます。2人は会える日を心待ちにしながら、一生懸命仕事に励むようになりました。
七夕の日に雨が降ると天の川が渡れなくなってしまいますが、そのときにはカササギが羽を広げて橋を作ってくれます。』

七夕の由来とは?七夕の語源とは?

七夕伝説の由来だけでなく、七夕のもとになった乞巧奠(きこうでん)についても知っておきましょう。
七夕は、奈良時代に中国から伝わってきた文化です。かつての中国では、7月7日に織物の上達を願って乞巧奠という祭礼が行われていました。乞巧奠というのは、針仕事や織物といった仕事の上達を天に願う行事。織物をするための機械が棚機(たなばた)と呼ばれていたのが、七夕の語源とされています。
現代の七夕祭りは、乞巧奠の行事とロマンティックな七夕伝説とが混じり合いながら今に伝わっているのです。七夕の由来を聞かれたときには、子どもが理解できるよう分かりやすく教えてあげたいですね。

七夕の短冊の意味や書き方をチェック

七夕はもともと、7月7日に針や糸を神前に供え、裁縫や機織りの上達を願う祭礼でした。いつからか七夕は、織物の上手な織姫にあやかって「ものごとが上達しますように」と星に願う行事になっていきます。
やがて、子どもたちが上達したいことや将来の目標を短冊に書いて笹に吊るすようになったのが、七夕の短冊の始まりとされています。

七夕の短冊飾りを子どもと楽しんでみよう

今年はぜひ自宅に笹を用意し、七夕の飾りつけを楽しんでみてはいかがでしょうか。短冊に願い事を書くときには「お金持ちになりたい」「○○が欲しい」という願いではなく、上達したいことや頑張りたいことについて書くのだということを子どもに教えてあげましょう。
幼児教室での習い事の上達を願って短冊を書くのも良いですね。英語を学んでいる子どもなら、英語で書く短冊にもぜひチャレンジしてみましょう。

七夕は7月7日ですが、旧暦の7月7日(現在の8月)にお盆の諸行事と合わせて七夕まつりをする地域もあります。日本に古くから根ざしている季節行事のひとつである七夕を、ぜひとも子どもと一緒に楽しんでみてくださいね。

七夕の短冊飾りを子どもと楽しんでみよう
  • ニュースとイベント
  • 夏のバブルパス
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube