自転車を楽しもう! 子どもと一緒に自転車の練習をするときのポイント

子どもが4~5歳ぐらいになったら、自転車に乗る練習を始めたいですね。
もしかすると、子どもの友達が自転車を颯爽と乗りこなしているのを見て「練習させなきゃ!」と焦っているパパやママもいるかもしれません。でも、子どもの自転車練習は一体どんな手順で進めたら良いのでしょうか?
今回は、子どもと一緒に自転車の練習をするときのポイントや注意点についてチェックしてみましょう。

自転車に乗る女の子

自転車には「バランス感覚」が必須!

子どもの自転車の練習というと、大人が自転車の荷台部分を支えながら走らせるというイメージがあるかもしれません。しかし後ろを支える練習方法では、自転車に乗れるようになるまでに時間がかかってしまうことが多いのです。
自転車に乗る上で最も大切なのはバランス感覚です。左右に倒れないようバランス感覚を養えば、自転車にスムーズに乗れるようになりますよ。まずは自転車のバランスを取る練習から始め、次にペダルを漕いで走る練習を進めていきましょう。

ストライダーを取り入れるのがおすすめ

最近はストライダーと呼ばれる小型自転車を取り入れる親が増えています。ストライダーを活用すれば、自転車に乗るために必要なバランス感覚が自然と養われるのです。
ストライダーにはスタンドやペダルが付いていないので、子どもは地面を蹴りながら進んでいきます。ストライダーで走る練習を続けていると、次第に足を離していても遠くまで進めるようになります。また、カーブを曲がったりUターンをしたりという動きもできるようになっていくのです。ストライダーでこういった動きができていれば、自転車を与えてもスムーズに乗りこなせるようになりますよ。
ストライダーを使わない場合には、自転車のペダルを外した状態にして、足で蹴って進む練習をするのも良いでしょう。

自転車を乗りこなすための練習方法

自転車のバランスが取れるようになったら、自転車のペダルを漕ぐ練習を進めていきましょう。
最初はスタンドを立てた状態でペダルを漕ぐ練習をさせ、ペダルの回り方を理解させます。そのあとスタンドを外し、子どもにペダルを漕がせてみましょう。
うまく漕げないときには、大人が自転車のハンドルの中央部分を支えるようにして練習するとバランスが取りやすくなりますよ。

自転車の練習をするときの注意点

自転車の練習はケガにつながりやすいので、ヘルメットや、長ズボン、ヒザ当て・ヒジ当てでケガを防ぐようにしましょう。自転車に慣れていない子どもはすぐに転ぶものですが、痛い思いをすると自転車の練習が嫌いになってしまうこともあります。自転車の練習と合わせて、交通ルールを子どもに教えることも大切です。「自転車は車道の左側を走る」というルールのほか、信号や横断歩道のことも分かりやすく説明しておきましょう。

子どもが自転車のバランスを取れるようにアシストするのが、自転車練習の上達の秘訣です。子どもが楽しみながら自転車に乗れるよう、励ましながら練習を進めていきましょう。
自転車は親子で練習するという人が多いものですが、スムーズに乗れるようにするために幼児向けの自転車教室に通うという方法もあります。

自転車に乗る男の子
  • ニュースとイベント
  • ウインタースクール
  • プリスクール・アフタースクール
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube