夏の外遊びには要注意! 子どもとお外に行くときの注意点3つ

夏本番がいよいよ訪れ、子どもたちはいっそう元気に遊びまわっていることでしょう。夏はプールやお祭り、キャンプなど外でのお楽しみが盛りだくさんな季節。しかし、夏の外遊びには思わぬ事故や病気を引き起こす危険があることも忘れてはいけません。今回は、子どもが安全に楽しく外遊びができるよう、保護者が気を付けるべきことをご紹介します。

夏の外遊びには要注意! 子どもとお外に行くときの注意点3つ

夏は特に注意! 子どもの熱中症対策

夏に注意すべき病気の一つとして、熱中症や脱水症が挙げられます。子どもは大人に比べて平均体温が高いだけでなく、体温調節の機能も未熟なため、このような病気には特に注意が必要です。子どもにすべき熱中症・脱水症対策は、しっかり水分補給する・外では必ず帽子を被る・長時間の外遊びを避けるといったことが基本となります。中でも水分補給は非常に大切で、麦茶やスポーツドリンクを薄めたものをこまめに与えると安心です。泣いても涙が出ていない・おしっこの量が少ない・身体は熱いのに汗が出ていないといった状態は、水分が足りていないサインなので見逃さないようにしましょう。

夏の水遊びには危険がいっぱい!

夏といえばプールや川、海での水遊びを楽しみにしている子どもも少なくありません。しかし、水辺ではちょっとしたアクシデントが思わぬ大事故に繋がる危険もあります。子どもが水遊びをする際は、どんなに安全そうな場所でも必ず大人がそばで見守り、絶対に目を離さないことが大切です。
例え水深20センチに満たないくらい浅いプールでも、小さな子どもは溺れてしまう可能性があります。家庭でビニールプールを出す際は、滑り止めをつけると安心です。川や海では小石や貝殻で足をケガしたり、水苔で足を滑らせたりしないよう、靴底がしっかりしたサンダルやウォーターシューズを履かせましょう。また、水遊びをした後は急激に体温が下がり、お腹を冷やしたり風邪をひいたりしやすくなります。外出先では長袖の羽織ものやタオルケットなど身体を保温できる衣類を持っていくことをおすすめします。

意外と多い!? 外遊びでのヤケドを防ぐには

夏に公園や児童センターで遊ぶ際に気を付けたいのが、遊具や砂場でのヤケド事故です。ジャングルジムやブランコの鎖などの鉄製の遊具は、日に当たることでかなり高温になります。大人が触って「少し熱いかな」と思うくらいの温度でも、皮膚の薄い子どもが長時間握っていればヤケドしてしまうかもしれません。同様に、砂場の砂も日光に当たって高温になる可能性があります。日中の外遊びでは、なるべく日なたにある遊具や砂場は避け、木陰などの涼しい場所で遊びましょう。

暑い日に子どもを連れて出かけるには、大人は準備するのも一苦労ですよね。しかし、万全な対策をとることは子どもを病気や事故から守るためには非常に大切なことです。夏ならではの外遊びを満喫できれば、子ども達にとって素敵な思い出となるはず。今回ご紹介した内容を参考に、子ども達と楽しい夏を過ごしてくださいね!

意外と多い!? 外遊びでのヤケドを防ぐには
  • ニュースとイベント
  • ウインタースクール
  • プリスクール・アフタースクール
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube