「ごめんなさい」の強要はNG!? 絶対に謝らない子どもへの接し方とは

うちの子どもはなぜ「ごめんなさい」が言えないのだろう……と悩んでいる方はいませんか? 子育てをしていると、お友達・兄弟同士のケンカやいたずらなど、子どもが反省するべき場面は日常によく見られますが、なかなか謝らない子どもへの対応に悩む親も少なくありません。実は、多くの子どもが素直に「ごめんなさい」と言えないのには何かしらの理由があるといわれています。今回はその理由を解説し、謝れない子どもへの上手な接し方をご紹介します。

「ごめんなさい」の強要はNG!? 絶対に謝らない子どもへの接し方とは

子どもが「ごめんなさい」と言えないのはなぜ?

やって良いこと・悪いことの判断がまだできないから

3歳くらいまでの子どもは、社会的ルールがまだ身についておらず、常に自分のやりたいように行動します。そのため、他の子どもや兄弟が遊んでいるおもちゃを取り上げたり、遊具の列に割り込んだりすること自体が“悪いこと”であると理解できないのです。悪気のない行動に対していくら叱っても、子どもがそれを理解できなければ、自ら「ごめんなさい」と言えないのもうなずけます。

「ごめんなさい」という言葉に対してネガティブな意識がある

3歳を過ぎると、大人が話す内容への理解が徐々に進み、やって良いこと・悪いことの区別も少しずつ分かるようになってきます。しかし、まだまだ自分の意思を最優先することに変わりはありません。この時期になると、悪いことだとは理解していても意地を張って謝れなくなってしまう子もいます。意地を張る理由は子どもによってさまざまですが、「ごめんなさい」と言う=自分の非を認めることへの抵抗などが考えられます。
また、過去に謝ったにも関わらず大人に叱られ続けた経験などがあると、 “「ごめんなさい」と言っても自分にとっていいことはない”という意識を持ってしまう可能性もあるのです。

「ごめんなさい」と言えない子どもにはどう接する?

子どもの過ちに対して叱る際は、できるだけ感情をおさえ、何がいけなかったのかを冷静に分かりやすく伝えるようにしましょう。感情的に怒られると、子どもには「怖い」という意識が先に生まれ、叱られていることの本質が理解しにくくなってしまいます。最初はなかなか理解ができなくても、同じような体験を繰り返すうちに少しずつ理解が進んでいくものです。焦らず、根気強く向き合いましょう。
また、子どもが素直に「ごめんなさい」と言えた時には、優しい言葉で褒めてあげましょう。特に物心がつき意地を張るようになった子どもにとって、謝るという行為には勇気が必要なものです。子どもが勇気を出したことをきちんと認めることで、“「ごめんなさい」と言うことで状況が良くなる”という意識を芽生えさせることができます。

子どもは、家庭や社会との関わりの中でさまざまな経験をし、時には叱られることで「ごめんなさい」と言うべき場面を少しずつ学習していきます。子どもが幼いうちは、素直に謝れないことに焦りを感じる必要はありません。大切なのは、「ごめんなさい」という言葉を発することよりも、「ごめんなさい」と思える健全な心を育むことです。いつの日か素直に謝れるようになることを信じ、愛情を持って子どもと接しましょう。

「ごめんなさい」と言えない子どもにはどう接する?
  • ニュースとイベント
  • 夏のバブルパス
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube