親子でスポーツを楽しむ! 子どもの運動神経を伸ばすためのポイント

「子どもの運動神経を伸ばしたい!」と願っているものの、子どもにどうやってスポーツを教えたらいいのか分からず困っているパパやママもいると思います。子どもの運動神経を伸ばしたいのなら、毎日の生活の中でたくさんの運動に触れさせてあげることが大切です。
この記事では、親子でスポーツを楽しみながら運動神経を伸ばすための方法を紹介します。

親子でスポーツを楽しむ! 子どもの運動神経を伸ばすためのポイント

子どもの運動神経、どうすれば伸びる?

「パパもママも運動神経が悪いから」と子どもにスポーツをさせるのを諦めてしまっている人もいるかもしれません。
しかし、近年のスポーツ科学の研究では、運動神経は遺伝せず、幼少期にどういったスポーツをするかが大切ということが分かってきています。運動神経の良い両親の子どもは、小さい頃から親と一緒に運動をする習慣があるために、運動能力が上がりやすいのです。
「どんなスポーツをさせればいいの?」と難しく考える必要はありません。子どもの年齢に応じて体を楽しく動かし、子どもが本来持っている運動神経を引き出してあげましょう。

親子のお出かけには自転車を使ってみる

近場の買い物やお出かけには、ついつい車を使ってしまうという家族も多いと思いますが、近場なら車は置いて、自転車で出かければ適度な運動になりますよ。自転車でのお出かけは渋滞の心配もない上にガソリン代もかからず、エコにも貢献できると良いことずくめ。
自転車であちこち出かけるのは子どもにとって楽しいレクリエーションになるものです。家族でのお出かけにはぜひ自転車を使ってみましょう。

親子での運動やストレッチを日課にする

激しい運動をする自信がないというパパやママでも簡単に取り入れられるのが、体操やストレッチです。1日のうちほんの10分か20分程度、家族が集まって体操をする習慣を作ってみましょう。
朝起きてから体操をすれば体が軽くなり、1日を元気に過ごすことができます。毎日軽いウォーキングをしたり、公園を走ったりする習慣をつけるのも有効です。お風呂上がりの時間にストレッチをするのも気持ちいいものですね。ストレッチや体操をしながら会話を楽しめば、家族のつながりも深まります。

スポーツを楽しめる幼児教室に通うという方法も

子どもの運動神経を伸ばすために、幼児教室に通わせるのもおすすめです。幼児教室には、子どもが楽しみながらスポーツ能力を伸ばせるカリキュラムが整っているので、効率的に運動神経をアップさせることができます。
子どもにスポーツをさせるときには、ひとつのスポーツではなくいくつかのスポーツを並行して取り組ませるのがおすすめ。色々なスポーツへのチャレンジを通して多くの体の動きを体験すれば、運動神経はグッと伸びやすくなるものです。

子どもが小さなうちは、親子で取り組める簡単な運動から始めてみましょう。幼児教室でさまざまなスポーツを体験し、得意なスポーツを見つけるのも良い方法といえます。子どもが楽しみながら運動神経を高められるよう、親子でスポーツを楽しむ習慣を作ってみてくださいね。

スポーツを楽しめる幼児教室に通うという方法
  • ニュースとイベント
  • 秋キャンペーン
  • プリスクール・アフタースクール
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube