「英語と日本語を混ぜる会話」が子どもの英語能力を下げてしまう!?

将来のためにも、子どもには少しでも早いうちから英語を学ばせたいものですよね。
中には、常に子どもが英語に触れられるよう「このアイスとてもデリシャスだね」と、日本語での会話の中に英語を取り入れている人もいるかもしれません。
しかし、日本語と英語を混ぜる会話は、子どもの英語力を下げる原因になってしまうこともあるので注意が必要です。
日本語と英語を混ぜる会話が良くないとされる理由や、子どもの英語力を引き出すためのポイントについてチェックしてみましょう。

「英語と日本語を混ぜる会話」が子どもの英語能力を下げてしまう!?

英語と日本語を混ぜる会話はNG?

小さい子どもは耳がよく脳も柔軟なため、適切な英語教育を受けさせればどんどん英語力を伸ばしてあげることができます。英語力を高めるためには、できるだけたくさんの英単語を覚えることが大切です。
しかし、英単語を覚えさせようとするあまり「お菓子ゲットしよう」「ごはんシェアする?」「時間がタイトだよ」などと、日本語と英語を混ぜる会話をするのはおすすめできません。
子どもはまだまだ言語を習得しきっておらず、日本語と英語の区別を完璧につけることができないもの。英語と日本語が混ざった話し方をすると、子どもは日本語と英語の境目を区別できなくなってしまうのです。

日本語を使いこなせる力が大切

英語を自在に使いこなすためには、たくさんの言葉や表現方法を知っている必要があります。
語彙が多ければ、英語を聞いたときにどの日本語に訳せばいいかをすぐに判断することができます。状況に応じて適切な言葉を使い分けることができればコミュニケーションも取りやすくなります。
母国の言葉をきちんと使いこなせるというのは、国際的な仕事をするときに必要不可欠な能力といえます。正しい母国語を使いこなせる力をつけることが、英語力を高めることにもつながるのです。

「英語モード」と「日本語モード」を分けよう!

子どもの英語力を高めるために最適な方法は、英語モードと日本語モードをしっかりと分けることです。家庭で英語を身につけさせたいのなら、パパは英語だけを話し、ママは日本語だけを話すと徹底するとよいでしょう。こうすることで子どもは、次第に英語と日本語の違いを理解し、英語モードと日本語モードを使い分けることができるようになるのです。
ネイティブの英語を学べる幼児教室に通わせ、子どもに生きた英語を学ばせるのもおすすめです。教室では英語だけで会話をする、家では日本語を使って会話をするといったふうにメリハリをつければ、子どもの英語力と日本語力を同時に伸ばしていくことができます。

子どもに英語を習得させたいと願うあまり、英語と日本語を混ぜる会話をするのは逆効果になってしまうこともあるので気をつけたいですね。 子どもの英語能力を伸ばすためには、小さい頃からネイティブの英語に触れる機会をたくさん作ってあげることが大切です。英語の幼児教室で学ばせれば、英語モードで会話をする時間と日本語モードで会話をする時間を上手に切り替えながら、2つの言語を自在に操る力をつけさせることができます。

「英語モード」と「日本語モード」を分けよう!
  • ニュースとイベント
  • ウインタースクール
  • プリスクール・アフタースクール
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube