子どもの勉強効率に椅子が関係していた? 学習に最適な椅子の選び方

子どもが机に向かって勉強をしているときに、姿勢の悪さが気になったことはありませんか?
成長期の子どもは骨や軟骨が柔らかく、姿勢が悪いと骨が歪んでしまうおそれもあります。子どもの健やかな成長のためには、正しい姿勢で勉強に集中できる椅子を用意する必要があります。
座りやすい椅子があれば子どもも学習に没頭できるものです。
そこで今回は、子どもの学習環境に適した椅子の選び方について紹介します。

子どもの勉強効率に椅子が関係していた? 学習に最適な椅子の選び方

子どもには正しい姿勢で勉強させよう

子どもが勉強をするときには、正しい姿勢をキープすることがとても大切です。
まずは椅子に深く腰掛け、膝を90度に曲げて自然に下ろすような形にします。
この状態でお腹や背筋をぴんと伸ばし、あごを少し引きます。
これが、椅子に座ったときのベストな姿勢です。
この姿勢を自然に身につけるためには、座りやすい椅子を用意して机と椅子の高さを適切に調整することが大切です。

子どもにバランスチェアを使わせるという方法も

座ると自然に姿勢が整う、バランスチェアと呼ばれる椅子もありますよ。
パッと見た感じでは「本当に座りやすいの?」と思うようなデザインですが、座ってみれば背筋が自然に伸び、長時間座っていても疲れにくいという利点があります。
バランスチェアはおしりと膝でバランスよく体を支えるので、姿勢がよくなりやすいのです。
ただし、バランスチェアの中には成長に応じて高さを変えるといった使い方ができないものもあります。

椅子を選ぶときには子どもを実際に座らせてみる

学習椅子を選ぶときには、安定感があり正しい姿勢で座れるものを選びたいですね。
もちろん、子どもにとって座り心地がよいというのも大切なポイントです。
子どもが勉強するための椅子を購入するときには、実際に子どもを椅子に座らせて姿勢をチェックしてみましょう。
座りやすいお気に入りの椅子が見つかれば、子どもの勉強意欲も高まりますね。 幼児教室で英語や絵画を習っている子どもは、机に向かって勉強やお絵かきをしたがるものです。座りやすく姿勢が整いやすい椅子を用意すれば、子どもの集中力も高まりますよ。 子どもには勉強に集中できる最高の学習環境を整えてあげたいですよね。毎日の勉強が楽しくなるような学習椅子を用意し、子どもが自主的に学習できるようサポートしていきましょう。

椅子を選ぶときには子どもを実際に座らせてみる
  • ニュースとイベント
  • 新春キャンペーン
  • プリスクール・アフタースクール
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube