ホワイトデーにお返しするお菓子は何が最適? 子どもと一緒に考えよう

男の子のママは、バレンタインデーに我が子がチョコをもらってきたら、嬉しいやらちょっぴり切ないやら、複雑な感情になりますよね。
そんな気持ちに浸りつつも、3月14日のホワイトデーまでにバレンタインデーのお返しを子どもと一緒に用意しなければなりません。
実は、ホワイトデーに贈るお返しのお菓子には、意味があることを知っていますか?
ホワイトデーにはお返しをもらう側だった女性は、意外とお返しのお菓子の意味を知らないケースが多いようです。
見た目の可愛らしさや価格だけで決めてしまい、知らず知らずのうちに相手の女の子を傷つけることのないよう、お菓子の意味について確認しておきましょう。

ホワイトデーにお返しするお菓子は何が最適? 子どもと一緒に考えよう

ホワイトデーに贈るお返しのお菓子はなにが最適?

本命にはキャンデーがおすすめ
キャンデーは、「甘味が長く続く」ことから、仲の良さを長く保ちたいという気持ちを表し、本命の相手に渡すのにぴったりです。
一度に食べきれないため数日にわけて楽しむことができ、ラッピングも可愛いものが多いのでおすすめです。

本命にはマカロンもおすすめ
マカロンはカラフルで見た目が可愛らしく、高級なものが多いので、お菓子のなかでも特別な位置づけです。
もし相手がキャンデーでは物足りないかなと感じたら、マカロンで特別感を印象づけましょう。

親しくなりたい時にはマドレーヌを
マドレーヌの形が貝殻であり、2枚貝が縁結びを表すことから、マドレーヌは「あなたに興味があり、もっと知りたいです。」という意味があります。
マドレーヌはおやつとしても満足感があります。キャンデーやマカロンでは甘すぎるのが心配だという場合に選ぶのもいいでしょう。

友だちのままがいい時にはクッキーを
定番中の定番であるクッキーは、ありふれているという印象や、サクサクとドライな触感のイメージから、「友だちのままで」という意味があるようです。
買いやすいことから義理チョコへのお返しのイメージが強いようです。

マシュマロにはお断りの意味が
マシュマロは、口に入れるとすぐに溶けてなくなってしまうことから、「すぐに気持ちが消える」を意味します。
また、感触が柔らかいことから「やんわりとお断りします」というニュアンスも含んでいます。

グミには嫌いの意味が
グミには「子どものお菓子、安っぽい」というイメージがあり、嫌いの意味を含むため、ホワイトデーの贈り物には避けた方がよさそうです。
とはいえ、普段のおやつとして子どもたちに人気のグミ。
幼い子どもでグミが大好きな相手でしたら、「〇〇ちゃんの好きなものを選んだよ」と一言添えて、「嫌い」の意味ではないことを示せば、問題ないかもしれませんね。

ホワイトデーで相手の気持ちにこたえよう

ホワイトデーにバレンタインデーのお返しを贈るという習慣は、もともと日本で始まった文化で、「物をいただいたらお返しをする」という日本の文化からうまれたものです。
幼児教室ではたくさんのお友だちと触れ合うことができるため、バレンタインデーやホワイトデーなどの行事を楽しむことができます。
バレンタインデーでチョコレートを贈ってくれた相手の気持ちを喜び、感謝の気持ちをプレゼントと一緒に贈るすばらしい経験を親子で楽しむことも可能です。
小さいうちからいろいろな体験をして、たくさんの感情を学ぶことはとてもよいことです。
ご家庭内だけではできない体験をするためにも、ぜひ幼児教室に通ってみてはいかがでしょうか。

ホワイトデーで相手の気持ちにこたえよう
  • ニュースとイベント
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube