エイプリルフールの由来は? 子どもとの楽しみ方もCheck!

4月1日はエイプリルフール。1年のうちで唯一「嘘をついてもいい日」です。
普段はついてはいけないとされている嘘をついてもいいとなると、子どもだけではなく、大人でも楽しみになってしまいますよね。

しかし、日頃「嘘はついたらダメ」と子どもに教えている以上、どうしてエイプリルフールは嘘をついてもいいのか、大人であればその理由はしっかり知っておかなくてはいけません。
そうしないと、嘘をついてはいけない、という普段の教育の説得力が失われてしまう可能性があるからです。
そこで今回は、エイプリルフールという日ができた由来と、子どもと一緒にエイプリルフールを楽しむ際のポイントについてご紹介します。

エイプリルフールの由来は? 子どもとの楽しみ方もCheck!

エイプリルフールの由来はフランス?

「エイプリルフール」という言葉が英語なので、アメリカやイギリスで生まれたイベントなのではないかと思っている方も多いのではないのでしょうか。
エイプリルフールの由来には諸説あり、その中には確かにイギリスのイングランドに起源があるという説も含まれています。しかしイングランド起源説は史料が少なく、それほど信ぴょう性のあるものではありません。
最も真実味のある説は、フランスが起源であるというものです。

【フランス起源説】
かつて、ヨーロッパでは3月25日を新年と考えており、その日から4月1日までの8日間を「春の祭り」として祝っていました。
しかし1564年、当時のフランス国王シャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用しました。
それまでの伝統文化を壊された国民たちはシャルル9世の取り決めに猛反発します。抗議の意味を込めて、4月1日を「嘘の新年」として勝手に大騒ぎをするようになりました。当然、シャルル9世は憤慨します。
そして、事態の収拾と自分に逆らった人間をこらしめるため、4月1日に嘘の新年を祝った国民を逮捕し、処刑するという決断を下したのです。
当時フランスでは多くの人々が処刑されてしまいました。中には13歳の少女もいたそうです。
この悲しい出来事を忘れないために、また国王に抗議をするために、フランスの人々はそれからも毎年4月1日になると嘘の新年を祝い続けていきました。

これがエイプリルフールの始まりであると言われています。
日本でも毎年のように楽しまれているエイプリルフールは、このような悲しい事件がきっかけになっていたのかもしれないのですね。


エイプリルフールを楽しむために

エイプリルフールだからと言って、どんな嘘をついてもいいわけではありません。
子どもの中には「嘘をついてもいいんだ!」とはしゃいでしまって、人を傷つけるような嘘をついてしまう子もいるかもしれません。
エイプリルフールを楽しく過ごすために、気を付けなくてはいけないポイントを以下に紹介するので、お子様にしっかりと伝えてあげてください。

・人が傷つかない嘘をつく
・嘘をついたらすぐにそれが嘘であると伝える
・人が「死んだ」というような嘘はつかない
・ほかの人(友達)の名前を出す嘘はつかない

エイプリルフールは世界で楽しまれているイベントです。
英語で嘘をつくことができるようになれば、世界中の人たちとエイプリルフールを楽しむことができるようになります。
生きた英語を身に着けるには、小さな頃からネイティブの英語に触れることが重要です。
幼児教室に通わせて、世界中の人たちと一緒に国際的なイベントを楽しめる人に育ててあげてはいかがでしょうか。

英検Jr.の試験の受け方について
  • ニュースとイベント
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube