子どもがお絵かきした絵が黒い? 色に込められた心のサインとは

「子どもがお絵かきで黒色のクレヨンばかり使うのが心配」というお母さんは意外と多くいらっしゃいます。子どもが黒色ばかりを選ぶのは特別な理由があるからなのでしょうか? お絵かきの色と心の関係を知って、子どもとの関わり方について考えてみませんか。

子どもがお絵かきした絵が黒い? 色に込められた心のサインとは

子どものお絵かきの絵が黒ばかりだと、親は不安になりがち

子どもと一緒に絵を描いていると、黒色ばかりを使っていて、ドキッとする親御さんも少なくありません。
たくさん色がある中から黒を選ぶということが、なにか暗いイメージを連想させ、不安になってしまうのですよね。子どもが黒色を多用するのはどのような心理がはたらいているからなのでしょうか。

黒色は子どものSOSのサイン?
心理学的に黒い絵は「恐怖」や「抑圧」を表すといわれています。

・いい子でいなきゃいけないと自分の感情を抑えている
・親に叱られるのが怖くて、いつも顔色を伺っている
・厳しいしつけや干渉によって、怒りや不安が強い

など、もやもやとした気持ちを常に抱えている子どもは「黒色」を好んで使う傾向にあります。
ただし、上記はあくまでも心理学的な観点からいわれていることなので、まだ年齢が低い時期で、数回のことであれば深刻に考える必要はありません。
成長とともにほかの色を使い始めることは多いので、子どもをあたたかく見守ってあげることが大切です。

子どものストレス発散には大切なこと
黒、または暗い色ばかりを選んで絵を描くのは子どもにとって、ストレス発散にもなっています。
「泣く」ことと同じように、絵で心にたまったマイナスの感情を吐き出しているのです。
こうして心に抱えた不安を乗り越えていくので、たとえ心配でも「黒ばかり使っていてはだめ」と子どもの手を止めるのはよしましょう。

今は黒だけかもしれませんが、自然と明るい色ばかりを使うようになる可能性もあります。

子どもが黒色を好むのはマイナス感情以外の理由も!
子どもが黒色を選ぶのはもしかしたら意外な理由によるものかもしれません。

・単純に黒が1番好きな色だから
・好きなキャラクターや人が黒色の服装をしていて、憧れの色だから
・ママの反応を楽しんでわざと使う
・きれいな色が減るのはいやだから
・1色だけで塗りつぶす=集中力が高い

いかがでしょうか。
なんだか拍子抜けしてしまうほどの意外な理由ですね。
黒をマイナスのイメージでとらえているのは大人だけで、子どもは黒い色に対してそれほど悪い印象をもっていないかもしれないのです。
子どもがお絵かきしているときに黒ばかり使う理由を聞いてみたら、心配とはほど遠い答えが返ってくるかもしれませんよ。

明るい色でお絵かきを楽しめるよう大人がお手伝いしてあげる

明るい色でお絵かきしてほしいと思って、無理やり押し付けるのはNGです。
子どもが明るい色に興味や関心をもつように「こっちの色も使ってみない?」と、声をかけてみましょう。
子どもに提案するような言い方をすると、「やってみようかな」と素直に受け入れてもらいやすくなりますよ。

子どもが使う色は心を反映することもあると知って驚いた方もいるかもしれません。
幼児教室には子どもたち同士でお絵かきを楽しむプログラムを取り入れているところもあります。
ほかの子どもと一緒にさまざまな色を使って自己表現のしかたを覚えていけるのでおすすめです。
子どもに色への興味をもたせたいという方は幼児教室を検討してみてはいかがでしょうか。

明るい色でお絵かきを楽しめるよう大人がお手伝いしてあげる
  • ニュースとイベント
  • 春キャンペーン
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube