子どもが運動嫌いになる原因って?基礎体力をつける方法とは

大人にも得意なこと、不得意なことがあるように運動が苦手な子どももいます。
「うちの子はどうして運動するのが嫌いなの?」と悩んでいる方、苦手な理由がわかれば解決法が見つかるかもしれません。
今回は子どもが運動を苦手になる原因と親ができる対処の方法を紹介します。

子どもが運動嫌いになる原因って?基礎体力をつける方法とは

子どもが運動を苦手になる原因とは

他人と比べられるのがいや 子どもは基本的には体を動かすことが大好きです。
しかし幼稚園や保育園に通う頃になると運動能力に差が表れてきます。
集団行動が求められる幼稚園や保育園では、ほかの子と一緒に体を動かすことで他人と比較されてしまい、劣等感や羞恥心から運動が嫌いになってしまう子どもがいます。
「もう少し頑張ろうね」という言葉が「自分では頑張っているつもりなのに認めてもらえなかった」と運動への苦手意識をいっそう強くし、運動嫌いになってしまうのです。

そんなに運動が好きではない 運動そのものがあまり好きではない子どももいます。
体を動かすよりも何かを観察したり、考えていたりする方が好きなだけで、身体的に劣っているわけではありません。
そういう子どもに周囲が運動を無理強いしてしまうと、頭の中に運動は楽しくないものとインプットされてしまいます。その結果、体を動かすことに集中できず、ケガをする原因となる可能性も考えられます。

運動に興味がない場合は強制せず、思いっきり楽しめることを優先させてあげましょう。

失敗して怒られたのがトラウマになっている
子どもは親や大人に認められたいと思うものです。手を抜くということを知らないので、なにごとにも全力で取り組もうと努力します。
そんなときに子どもに対して強い口調で叱責してしまうと、「運動で失敗すると怒られる」という気持ちが働いてしまうことに。
「また失敗したら怒られるのではないか」と体が委縮して思うように動けなくなり、しまいには運動が苦手だと思い込んでしまうのです。

子どもの運動嫌いを親がサポートする方法

一生懸命頑張っていることを褒めてあげる
運動といっても体を動かすことはいろいろあります。
例えばサッカーやダンスなど、自分の子どもが好きなことは何かを把握しましょう。
そして、一生懸命に頑張って取り組んだときは、うまくできた、できないに関わらず褒めてあげることが大切です。

親子で遊ぶ
どんなことでもよいので、親子で体を動かす遊びを楽しみましょう。
雨などで外遊びができない日は家の中で遊べるように考えてあげてください。
親が子どもと積極的に遊ぶことで、運動への壁を取り払うことができます。

習い事もおすすめ
最近の幼児教室では野球やサッカー、ダンスなど、いろいろなスポーツを体験することが可能です。
教室での習い事を通して「体を動かす楽しさ」を知り、運動に興味を持つようになるかもしれません。1日体験などで、試してみてはいかがでしょうか。

運動は子どもの心身を鍛えることができます。
自分の子どもが運動嫌いかもしれないと思ったら、幼児教室などを利用し、遊び感覚で運動の楽しさを体感させてあげましょう。
たくさん褒めて、苦手意識を上手に取り除いてあげてくださいね。

子どもの運動嫌いを親がサポートする方法
  • ニュースとイベント
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube