子どもがゲームで遊ぶときのルールの決め方

テレビゲームやスマホゲームなど、今やゲームは私たちにとって身近な遊び道具となりました。
「子どもが暇さえあればゲームばかりしている」とお悩みの方も多いはず。
子どもたちにゲームを遊ばせるには家庭でのルールづくりが必要です。

子どもがゲームで遊ぶときのルールの決め方

ゲームのルールを決めるポイント

家庭でゲームは制限すべき?
ゲームが好きな子どもはひたすらゲームに夢中になり、ほかのことをおろそかにしてしまいがちです。
また、ゲームの最中は約束事を忘れてしまったり、周囲の言葉が聞こえなかったりすることも。
ゲームにもメリットがある反面、デメリットもありますので自由に制限なくゲームをさせるのは考えものです。

ゲームから完全に切り離すのはNG
いったん知ったゲームの面白さから子どもを切り離すのは難しいでしょう。
賛否両論ありますが、ゲームによってコミュニケーション能力や自主性が養われるなど、よい影響を与えることも報告されています。
ゲームを上手に活用しながらルールを決めると、のめり過ぎることもなく、ゲームもほかのことも両立できますよ。

家庭でのゲームルールとは

ゲームは1日1時間
ゲームは1日1時間程度なら、発達にほとんど影響がないといわれています。
ただし、2時間を超えると悪い影響のほうが大きくなるので、1日1時間までとルールを決めましょう。
「勉強の妨げになりにくい」、「子どもの勉強の息抜きやストレス解消になる」、「ゲームに依存することを防げる」など、さまざまな効果が期待できます。

ゲームの優先順位を決める
もともと、子どもは楽しいものに流されやすいものです。
ゲームに夢中になってしまい、ほかのことが手につかないという子どもに悩んでいるご家庭も多いのではないでしょうか。
私たちの生活にはやるべきことがあると教え、約束したことを終えてからの息抜きやご褒美としてゲームをするように決めておきましょう。
こうすることで、生活習慣が乱れにくく、決まりを守る社会性が生まれます。

ゲームしない日をつくる
ゲームにはまってしまうと、ゲーム以外のことに触れたり、集中したりする機会が失われてしまいます
成長期の子どもにはゲームのほかに、いろいろな遊びの経験が必要です。
1週間の中に必ずゲームをしない日をつくって、外遊びやお絵かきなどほかの遊びに長時間集中させてあげましょう。
脳や体の発達にも影響してきます。

親子でゲーム遊びをする
子どもは楽しんでゲームをしています。
親が一緒に遊ぶと、その気持ちを理解することができ、親子間のコミュニケーションが取りやすくなります。
また、親が教育的なソフトを選んであげると、子どもの想像力や思考力を鍛えることができますよ。
年齢に応じたソフトはもちろん、特定の勉強ができるものや身近なテーマを学べるものなどもあるので、子どもにすすめてみてはいかがでしょうか。

ルールは親子でよく話し合って決める
親が一方的にゲームのルールを決めるのはNGです。
子どもが納得しないまま、ルールを決めてしまうと、子どもが決まりごとを守るモチベーションに大きく差が出てしまいます。

ゲームは必ずしも悪い影響ばかりではありませんが、ゲーム以外の遊びを知ることで、好奇心や自立心が養われます。
幼児教室ではさまざまな遊びを体験できるので、家庭のルールと合わせて利用してみてはいかがでしょうか。

家庭でのゲームルールとは
  • ニュースとイベント
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube