英語の「スペル」子供におすすめの覚え方って?

小学校から英語の授業が取り入れられることになり、入学前に子供を英会話スクールなどへ通わせている保護者の方も増えています。
英会話は、たくさん話して慣れることで自然と話せるようになるでしょう。
一方で英単語のスペルに関しては、頑張って覚えなくてはなりません。
今回は、子供におすすめの英語のスペルの覚え方をご紹介していきます。
英語圏の子供が実際におこなっている方法なので、大きな効果が期待できます。

英語の「スペル」子供におすすめの覚え方って?

スペルの基本ルールを理解して覚えよう

英単語を丸暗記するのは、大人でも大変ですよね。
英単語は、発音して耳で聞くことでより覚えやすくなります。
英語圏の子供は、フォニックスというテクニックを使ってスペルを覚えています。
フォニックスとは、英語単語と発音に関連するルールを学び、それに基づいて正しい読み方を学習する方法のことです。
たとえば、「A,B,C」は、アルファベットが持つ音で「ア,ブ,ク」と学びます。
「エー、ビー、シー」は、アルファベットの名称です。
英語のスペルの基本ルールであるフォニックスを理解していると、初めて見る単語でも発音を推察し、文字にして書くことができるようになります。
「エー、ビー、シー」と最初に習っている場合、「ア、ブ、ク」という読み方はあまり聞き慣れないかもしれません。

しかし、アルファベットと同時にフォニックスを学ぶと違和感なく理解できるでしょう。

英語の本を読んでスペルを覚えよう

英語圏の子供は、フォニックスを学んで単語を覚えるだけではなく、多くの子供向けの本も読んでいます。
フォニックスには、ルールに当てはまらない例外もあるので本を読むことでたくさんの英単語に触れ、例外的な単語もそのまま覚えることができます。
選ぶ本は、子供が興味のある内容のもので最初は文字の少ない絵本がよいでしょう。
絵を見ながら読むことで、場面がより具体的にイメージできるので単語も覚えやすくなります。
読むことに慣れたら、絵の少ない本に徐々に変えていくと負担なく読むことができます。
子供が楽しんで本を読むことが重要です。

書いてスペルを覚えよう

自分が感じたことや考えたことを文字に書くことで、英単語は覚えやすくなります。
英語を書く練習でおすすめの方法は、日記をつけることです。毎日使うフレーズは、日記を書くことで身につきやすくなります。
また、自分が体験したことを書くことで、その経験と英単語が関連付き、意味やスペルを覚えやすくなるでしょう。
書いた日記に対して、保護者がコメントなどを英語で書いてあげると読む練習にもなります。

英単語は、自然に覚えられるものではありません。頑張って練習して、ようやく覚えられるので続けることが大切です。
今回ご紹介した方法は、どれも子供が楽しく覚えられる方法なので、毎日の学習に取り入れてみましょう。
英語を楽しみながら学ぶようになったら、ぜひネイティブの在籍する幼児教室へ通わせることを検討してみてください。
生の英語を使うことで、さらに学習意欲が高まることでしょう。

書いてスペルを覚えよう
  • ニュースとイベント
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube