子供の英語力を伸ばすために「話す環境」を整えよう! 

2020年から小学校の英語教育が本格的にスタートすることが決まり、入学前から英語を習わせようと考えている保護者の方も少なくありません。
子供の英語力を伸ばす方法は、いくつかありますが、今回は英語を話す環境を整えることの重要性についてご紹介していきます。
家庭での英語教育に不安のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

夏は楽しくお庭でプール! 子供が喜ぶアイディアと注意点

子供の英語教育は何歳から? 

何歳から子供に英語を習わせたらよいのか、迷う方も多いでしょう。
英語脳を作るためには、0歳から英語を教える必要があるという話を聞いたことがある方は多いかもしれません。
しかし、英語を習得するために大切なことは、本人のやる気です。いくら低年齢から英語に触れさせていても、やる気がなければなかなか伸びません。
そのため、子供が英語に興味を持ちだした時期が、英語教育を始める最適な年齢といえるでしょう。

親子で英語の歌を聴いたり歌ったりして、英語を身近に感じさせることで興味を持ちやすくなります。
焦らず、子供のペースに任せると、楽しんで英語に取り組めるでしょう。

英語を話す環境が大切な理由

英語は、実際に話すことで上達していきます。特に子供の場合、文法や単語を覚えてから話すということは少ないでしょう。
英語でやり取りをするうちに、言い回しや表現などを自然と覚えていきます。
そのため、家庭で英語の絵本を読んだり音楽を聴いたりするだけでは、英語は聞き取れるようになっても、話せるまでにはなりません。
インプットだけではなく、アウトプットが必要です。日常的に英語を話す環境を作ることで、意識せずとも英語が口から出るようになるでしょう。
英語でコミュニケーションを取れるようになるためには、家庭での環境作りが大切です。

英語の幼児教室を活用しよう

家庭で英語環境を作ることが難しい場合、幼児教室に通わせることをおすすめします。幼児教室では、英語で歌を歌ったりゲームをしたりして楽しく学ぶことができます。
また、ネイティブの先生が在籍している教室であれば、生の英語に触れることができ正しい発音が身につくでしょう。
ハロウィーンやクリスマスなど、さまざまな海外のイベントをおこなうことが多いので、日本以外の文化に触れる良い機会にもなります。
小さいうちから英語に対して、楽しいというイメージを持たせることで英語力向上につながります。

英語は、読んだり書いたりするだけではなかなか身に付きません。
たくさん英語に触れて話す環境を整えることで、自然と話せるようになり英語力の向上につながります。
そのためにも、英語の幼児教室を上手く活用し、楽しみながら英語を学んでいけるようにしましょう。

英語の幼児教室を活用しよう
  • ニュースとイベント
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube