子どもが英語嫌いに?! 原因と克服方法を解説

子どもが幼いうちから、英会話教室に通わせたり英語教材を買い与えたりする親が増えていますが、それに反して英語が嫌いになってしまう子どもは少なくないようです。
子どもが将来困らないようにと、親が熱心になればなるほど、子どもが英語嫌いになってしまうのには、ある原因が存在するといいます。
今回は、子どもが英語嫌いになる原因とその解決方法を解説します。

子どもが英語嫌いに?! 原因と克服方法を解説1

子どもが英語嫌いになってしまう原因とは

「英語が得意な子に英語嫌いな子はいない」ことから、英語が嫌いな子は、英語になんらかの苦手意識を感じているといえます。
苦手と感じている理由はさまざまありますが、子どもが英語に興味が持つ前に、親が半ば強制的に英会話スクールに通わせたり学習を進めたりすると、子どもは英語に苦手意識を感じてしまう可能性があります。子どもの性質として、自分が興味を持ったことに対しては意欲的にどんどんと知識を吸収することができるのですが、反対に興味がない物事には、落ち着きがなくなったり上の空になったりしがちです。
そのため、興味が沸かず理解もできない英語を強いられる時間が長ければ、その分、苦手意識は強くなってしまうのです。
その他、親の期待が大きすぎると、子どもがプレッシャーを感じて苦手意識を感じてしまうケースもあります。

子どもが英語を嫌いと感じてしまったら

もし子どもが英語を嫌いと感じてしまったら、英語の学習はいったんやめ、親子で英語を使って遊ぶ機会を持つことが賢明です。子どもの好きな事に英語を取り入れるのもの良いでしょう。
親の役目は「英語を強いること」ではなく、あくまでも「英語への興味を継続させること」なのです。そしてまた、子どもの英語への興味が戻ってきたら、学ぶ環境を与えればよいのです。
そうすれば子どもは、「英語は学ばなくてはならないもの」とは認識せず、「英語をわかるようになりたい、使えるようになりたい」と感じ、自発的に吸収しようとすることでしょう。

英語が得意になるためには

英語の習得は何歳からでも始められますが、幼い頃から始めたほうが苦労せずにネイティブに近い英語を習得しやすくなります。また、学校での学習が始まってから学び始めますと、子どもは他の教科の勉強や部活などで忙しくなるため、英語の学習に費やせる時間が限定されてしまい、思うような学習レベルに到達するのが困難となってしまいます。
そのため、英語の学習はなるべく早くから、正しい方法で行うことが望ましいのです。

幼児教室では、同年代の子どもたちと楽しく英語に触れられます。英語を使った遊びを通して自然と英語に興味を持ち、自発的に学びたいと感じられる環境は、英語好きな子どもを育てる良い環境だと言えるでしょう。

子どもが英語嫌いに?! 原因と克服方法を解説
  • ニュースとイベント
  • 新春キャンペーン
  • bn05
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube