子どもの食べず嫌い、食欲の秋に克服してあげよう!

多くの子どもたちは、幼児期に「食べず嫌い」を起こしやすいといいます。食べず嫌いは、時期が来れば食べるだろうと期待しつつ、あまりにも食べず嫌いが多いと、栄養の偏りが心配にもなりますよね。
食べず嫌いを克服するためには、子どもが自ら食べたくなる雰囲気作りが大切だといいます。食欲の秋はチャンスです。そこで、子どもが「いつの間にか食べちゃった!」と感じるような雰囲気作りを紹介します。

子どもの食べず嫌い、食欲の秋に克服してあげよう!

子どもの食べず嫌いをなくす方法

親が美味しそうに食べる

まず大切なのは、親が美味しそうに食べている姿を子どもに見せることです。子どもが食べない食材や料理は、食卓で出す頻度が減りがちな家庭が多いと思います。しかし、あえて食卓に出し、子どもの目の前で親が食べるようにしましょう。その際、子どもに無理強いするのではなく、親が美味しそうに食べることで、子どものその食材や料理に対するイメージを少しずつ変えていくのです。
「美味しい! 〇〇ちゃん、食べないのなら、もらっていい?」なんて言えば、食べないと損? なんて思うかもしれませんね。

子どもに食べさせないようにみせかける

「これは〇〇ちゃんにはまだ早いから、もうちょっと大きくなってから食べようね」と敢えて食べさせないようにみせかけるのも、一つの手です。「食べさせてもらえないと思うと、異様に食べたくなる」という心境を利用した作戦です。「自分だって食べられる!」という気持ちが起きてくれば、食べず嫌いも克服できるでしょう。

食べた行為を褒める

普段、食べている食材や料理を食べた時にも、「美味しそうに食べるね!」「たくさん食べてくれるから、お母さんうれしい」などと、褒めるようにします。すると、「自分が食べるとお母さんが喜ぶ」ことを理解し、それを継続させようする心理が子どもながらに働くため、食べず嫌いなものも無理してでも食べることがあります。
また、褒められて嬉しい気持ちは、気持ちを前向きにし、困難な事にもチャレンジしよう、という意欲が沸きやすくなります。「食べなさい」と叱るよりも、効果的だと言えるでしょう。

食べやすさを追求する

一口大の食べやすい大きさにカットし、ピックで指すなど、なるべく子どもが食べやすくします。野菜なら手でも食べられるように、スティック状にして、ドレッシングやソースを自分でつけられるよう、別添えにするのも効果的です。
ドレッシングやソースを数種類用意して、子どもが自分で好きな味付けを選べるようにしておきます。そして、「〇〇ちゃんは、どの味にする?」などと、「食べるvs食べない」の選択肢を、「味を選ぶこと」にすり替えてしまう方法も良いでしょう。

雰囲気を替えて興味を持たせる

普段のお皿を子どもが好きな柄の皿に変えてみたり、盛り付けを変えてみるだけで、子どもは、それに興味を抱く可能性があります。また、ピクニックに持っていくなど、食卓の雰囲気も変えてみるのもおすすめです。子どもの気持ちがおおらかになり、「食べてもいいかな」と思えるかもしれませんね。

大切なのは、食べないからと叱って食卓の雰囲気を悪くしたり、子どもに無理に食べさせようとすることです。「いつかは食べるようになるだろう」と焦らずドッシリと構え、子どもが自ら食べたくなるような雰囲気作りを整えてあげられたらいいですね。
子どもの食べず嫌い、食欲の秋に克服してあげよう!
  • ニュースとイベント
  • 秋キャンペーン
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube