ついつい使ってしまう「赤ちゃん言葉」子育てにはNG? OK?

子育てをするなかで「わんわん」「まんま」などのいわゆる赤ちゃん言葉は使っていいのか悪いのか、賛否両論あり迷ってしまいますよね。教育熱心な方たちの間では「赤ちゃん言葉は使わないべき」とされていたり、近年の研究結果からは「赤ちゃん言葉は発育に良い影響を与える」とされていたり、意見は分かれているようです。 ここでは、近年おこなわれた赤ちゃん言葉が子育てに与える影響の研究内容をご紹介し、その結果から子育てにおいて大切なことなども考えていきます。

  ついつい使ってしまう「赤ちゃん言葉」子育てにはNG? OK?

赤ちゃん言葉は使っても良い? それともやめるべき?

赤ちゃん言葉を使うことに反対派の意見としては以下のようなものがあります。

・はじめから「わんわん」「ぶぅぶ」などの赤ちゃん言葉は使わずに「犬」「車」というきちんとした単語を教えた方がムダがなくて良いのでは?
・赤ちゃんは近くにいる人を真似て成長していくので、手本になる私たちは正しい言葉を使うべき

そういわれると確かにそのような気もしますよね。 一方で、近年の研究では赤ちゃん言葉は発達に良い影響を与えるということも分かっています。
やはり赤ちゃん言葉は使っても良いのか、使わない方が良いのか、その意見には賛否両論あるようですね。

赤ちゃん言葉で話しかけたほうが言葉を早く覚える?

赤ちゃん言葉を使うことで子どもに与える影響について、とある報告がされているのでここでご紹介いたします。

米ワシントン大学とコネチカット大学でおこなわれた研究です。その研究方法は、まだはっきりとした言葉を発することのできない1歳児26人を対象に、4日間にわたって普段の言語環境のなかで生活してもらい、親が赤ちゃん言葉で話しかけているか、どのくらい話しかけたかなどをリサーチするというもの。4日間の記録で判明したことは、親が高い声色で「わんわんだね~」などと語尾を伸ばした赤ちゃん言葉を使い、たくさん語りかけた乳児は喃語をしゃべる回数が多いということです。

また、2歳になった時の語彙数を比較してみると、親が赤ちゃん言葉で話しかける機会が少なかった子どもは平均169語なのに対し、赤ちゃん言葉を使って話しかける機会が多かった子どもは平均433語と、その語彙力の差はおよそ3倍。
この結果を見ると、乳児は赤ちゃん言葉で話しかけられたほうが早く言葉を覚えると考えられますね。

積極的に話しかけてあげることが子育てには大切

今回は赤ちゃん言葉を使うことは子育てに良いのか、悪いのかについてお話ししてきましたが、大切なのは積極的に話しかけてあげることかもしれませんね。

赤ちゃんは話しかけてもらうことが大好きなので、笑顔で「今日はあったかいね〜」「ぶぅぶが通ったね~」などとたくさん話しかけてあげましょう。そうすることで、自然と言葉を覚えますし、赤ちゃんがそれに対し「あー」「うー」などと反応したら笑顔で答えてあげれば「話すことは楽しいこと」と認識します。

喃語が発達してくると言い間違いなどもあるかもしれませんが、発達には個人差があるので、無理に言葉を覚えさせることはNGです。注意をすることで「楽しい」という気持ちがなくなってしまいます。さりげなく正しい言葉を教えてあげましょう。

ご紹介したように赤ちゃん言葉を使うことには賛否両論あります。「赤ちゃん言葉は絶対にダメ!」ではなく、コミュニケーションを取るためのツールとして活用してみてはいかがでしょうか?

パパやママが忙しくてあまり話しかけてあげられない場合には、幼児教室を活用するという手もありますよ。英語の幼児教育をしているところであれば、乳児の頃から外国語に触れることができますし、集団生活のなかで学べることもきっと多くあることでしょう。

ついつい使ってしまう「赤ちゃん言葉」子育てにはNG? OK?
  • ニュースとイベント
  • 秋キャンペーン
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube