クリスマスの飾り付けは手作りで楽しもう! 子どもと作れるアイデア3つ

いよいよクリスマスシーズン到来! 今年はどんな飾りつけをしようかと楽しい悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。
クリスマスの装飾は既製品を飾るだけでも楽しいですが、せっかくなら今年は子どもと一緒に作ることも楽しみませんか? 
今回は、100円ショップなどで手に入る材料を使った、子どもと一緒にできる簡単手作り飾りつけアイデアを紹介します。
クリスマス当日まではまだ日にちが充分あります。材料の買い出しから飾りつけ完成までの工程を、ゆっくりと親子で味わいましょう。

クリスマスの飾り付けは手作りで楽しもう! 子どもと作れるアイデア3つ

簡単に手作りできるクリスマスの飾りつけ3選


紙粘土でオーナメント

100円ショップで調達できる紙粘土を使用したオーナメントづくりに挑戦してみましょう。紙粘土は定番のホワイト以外にもピンクやイエローなどのカラーもあるので、複数色を用意するとカラフルに仕上がりますよ。
まずは、紙粘土を0.5~1㎝程度の厚みに平に伸ばし、好みのクッキー型で型抜きをします。端近くの場所にひも通し用の穴をあけ、その他の場所にお好みのビーズなどをくっつけて装飾します。キラキラ系のビーズをつけると遠くからでも際立ってキレイですよ。
粘土が乾いたら穴に好きなひもやリボンを通して完成です。
クッキー型は星型やハートのほか、大小2種の丸型を使ってリース型にするとクリスマスっぽく仕上がります。

フエルトで雪だるま

白と赤、黒のフエルトを用意し、雪だるまの身体と帽子、手袋、目の形に切ります。あとは、好きな配置にボンドでくっつけていけばOK。
はがせる両面テープで壁やドアに飾ったり、帽子の部分にひもをつければツリーのオーナメントにもなります。
フエルトなので、どこか暖かみのある作品ができあがります。雪だるまのほかに、靴下やサンタさんなどを作るのもいいですね。クリスマスにちなんだモチーフをたくさん作って、ウォーミーで賑やかなクリスマス飾りを楽しみましょう。

紙皿でクリスマスリース

紙皿を土台にして、毛糸やまつぼっくりなどで装飾するクリスマスリースです。
まず、紙皿の中心を丸くくりぬいてドーナツ型の輪っかにし、太目の毛糸をぐるぐると紙皿に巻きつけていきます。土台となる紙皿が見えなくなるまで巻きましょう。毛糸の色は緑や白、茶色などの単色のほか、複数色を混ぜて使ってカラフルにしてもよいでしょう。 次に、大きめにリボン結びにした赤いリボンを上部につけます。
まつぼっくりは針金を通してリースにくくりつけていきます。まつぼっくりの数は5つを目安に好みの数を使用するとバランスよくまとまりますよ。さらに、造花の葉や花などを追加して、カラフル豪華に仕上げましょう。

一緒に作る子どもの年齢に応じて、ハサミや針金を扱う工程はあらかじめ大人が準備を整えておくとスムーズに作ることができます。
色選びや配置決めなど、子どものアイデアを取り入れて好みのものを仕上げることができるのは、手作りならではです。この機会に親子で楽しんでみて下さいね。

クリスマスの飾り付けは手作りで楽しもう! 子どもと作れるアイデア3つ
  • ニュースとイベント
  • 新春キャンペーン
  • bn05
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube