海外の「バレンタインデー」の過ごし方! チョコを贈るのは日本だけ?

日本でのバレンタインデーは、「女性が男性にチョコレートを贈る日」と考えられていますよね。大人だけでなく子どもたちの間でも、女の子から男の子へとチョコレートを贈る姿がそこかしこで見られます。 しかし日本と海外では、バレンタインデーの意味や習慣、過ごし方がかなり違っていることをご存知でしょうか。今回は、ぜひ子どもに教えてあげたい海外のバレンタインデーの風習についてご紹介いたします。

20200205_01

そもそも、バレンタインデーってどんな日?

バレンタインデーは日本だけでなく欧米でも「男女の愛を誓い合う日」とされることが多いもの。もともとバレンタインデーは、ローマ時代に信仰のため命を落とした聖ヴァレンティヌスに由来する記念日とされていました。聖ヴァレンティヌスが処刑された2月14日は、いつしか「恋人たちの日」とされるようになったのだそうです。
海外にももちろんバレンタイン商戦があり、2月になるとデパートやお菓子屋さんは、大切な人へのプレゼントを選ぶお客さんで賑わいます。

海外でのバレンタインデーの過ごし方とは?

1. アメリカのバレンタインデー

アメリカのバレンタインデーは日本とは逆で、男性から女性へプレゼントを贈るのが一般的です。プレゼントにはチョコレートをチョイスする人もいますが、多くの場合はジュエリーやぬいぐるみ、花束やお酒などのギフトが選ばれます。また、バレンタインデーに恋人をディナーに誘う男性も多いのだそうですよ。
2月14日に合わせてプロポーズをしたり、結婚式を挙げたりするカップルが多いのも、アメリカのバレンタインデーの特徴です。

2. フランスのバレンタインデー

フランスは良質なチョコレートが数多く販売されている国ですが、バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣はありません。 フランス語でバレンタインデーは「ラ・サンヴァロンタ(恋人たちのお祭)」と呼ばれ、恋人と仲睦まじく過ごす特別な日とされています。男性が女性をエスコートしてレストランに出かけたり、自宅で男性が料理をして女性に振る舞ったりすることも多いそうです。

3. ロシアのバレンタインデー

ロシアのバレンタインデーは、気になる相手に自分の好意を伝える日という意味あいが強いといいます。恋愛感情だけでなく、家族や友人への愛情を伝えるために贈り物を用意するケースも多いもの。 大切な人に対してギフトを贈り合うのはバレンタインデーのみで、ホワイトデーはありません。

バレンタインデーは世界各国にある風習ですが、男性から女性にプレゼントを贈ったり、お互いにギフトを用意して贈り合ったりする国がほとんど。女性から男性にチョコレートを贈るという日本の風習は、実は世界的に見るとイレギュラーなのです。
子どもには季節ごとのさまざまなイベントを楽しんでほしいもの。ぜひ、各国のバレンタインデーの風習について教えてあげてくださいね。海外の文化に触れさせたいのなら、さまざまな学びを体験できる幼児教室や英語教室に通わせてあげるのもおすすめですよ。

20200205_02
  • ニュースとイベント
  • 2020年4月 杉並阿佐ヶ谷校 & 横浜馬車道校 NEW OPEN!
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube