【イタリア編】外国の子どもに人気の遊び5つ

イタリアは日本とは違い、小学校卒業まで保護者の送り迎えが義務づけられていて、子どもだけでの外出も禁止されています。そんなお国柄だからこそ、イタリアでは親子で外遊びをすることも多いんですよ。
イタリアには、日本の子どもたちが好きな遊びとよく似た遊びが数多くあります。さっそく、イタリアの子どもに人気の遊びについてチェックしてみましょう。

20200210_01

イタリアの子どもたちに人気の遊び5つ

Uno due tre stella(ウノ・ドゥエ・トレ・ステッラ)

イタリアには実は、日本の「だるまさんがころんだ」にそっくりな遊びがあります。鬼になった人が「Uno due tre stella(1、2、3、星!)」と言ったあとに振り向き、動いている人を見つけたら「Ti ho visto!(見た!)」と大声を出します。動いた人はスタートラインに戻ってやり直し、鬼がタッチされたらゲームオーバーです。

Nascondino(ナスコンディーノ)

こちらは、日本の「かくれんぼ」とほぼ同じ遊び。鬼が数を数えている間に子どもたちがどこかに隠れ、鬼に見つかったら負けです。
イタリアの子どもたちはかくれんぼが大好き。イタリアのコンソンノ村という場所ではなんと、かくれんぼの世界大会まで開催されているんですよ。

Strega comanda colore(ストレーガ・コマンダ・カラー)

「魔女が色を決める」という意味をもつこのゲームは、日本の「色鬼」とほぼ同じルール。鬼が指定した色を探して触れることができなければ、捕まって鬼になってしまいます。
鬼がボールを天高く投げている間に子どもたちが逃げ、ボールをキャッチした鬼が色を指定してから追いかけるという遊び方もありますよ。

Biliardino/Calcetto~ビリアルディーノ/カルチェット

サッカー大国イタリアでは、サッカーのボードゲームで遊ぶ子どもたちもたくさんいるものです。テーブルの形になっている卓上サッカーボードゲームは日本でも見かけますが、イタリアではレストランやカフェなどにもよく置いてあります。

イタリアでは「ロディ」が大人気!

イタリアの子どもに人気のおもちゃといえば、ビニール製の馬の乗り物「ロディ」です。日本でも近年注目を集めているロディは実は、イタリア発のおもちゃ。馬乗りになってぴょんぴょんと跳ねながら遊べるロディは、子どものバランス感覚や運動神経を養ってくれます。
イタリアでは、ロディは出産祝いやプレゼントにも人気のアイテムなんですよ。

イタリアの子どもたちは、かくれんぼや鬼ごっこによく似た遊びが大好き。特に、夏の日中は暑くて屋外に出られないため、日没後には日が暮れても子どもたちが走り回る姿が見られます。
さまざまな国の遊びを知ることは、他国の文化に触れることにもつながります。子どもに国際性を身につけてほしいと考えているのなら、英語の幼児教室に通わせてあげるのも1つの方法です。幼児教室で得られる多くの経験は、きっと子どもの将来の選択肢を広げてくれることでしょう。

20200210_02
  • ニュースとイベント
  • 2020年4月 杉並阿佐ヶ谷校 & 横浜馬車道校 NEW OPEN!
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube