1歳から英語教育を始めるのはアリ? 早期英語教育のメリットとは

子どもの英語教育はいつ始めるべきなのかについてはさまざまな意見があり「どれが本当なの?」と悩んでしまいますよね。特に、英語教育が日本語習得に悪影響が出るのではと考える方は少なくないと思います。
とはいえ、近年の研究では早期から英語に触れることで日本語も習得しやすくなることが分かってきているので、あまり心配はいりません。今回は、1歳から英語教育を始めるメリットや、効果的な取り入れ方についてご紹介いたします。

20200228_01

1歳から英語教育を始めるメリット4つ

抵抗なく英語に触れられる

大きくなってからの英語教育にはどうしても「勉強」というイメージがあるため、抵抗を感じる子どももいます。既に日本語を習得しているからこそ、分かりやすく楽に使える日本語と未知の言語である英語を比べ、苦手意識を持ってしまうのです。
1歳のうちから英語を始めれば、子どもは抵抗なく英語に触れられます。英語があるのが当たり前という環境が整っていれば、英語力がスムーズに身につきやすくなるのです。

コミュニケーション能力が高まる

英語を学ぶことは、コミュニケーションに活用できる多くの言葉を得られるということにほかなりません。1歳のうちから英語教育を受けている子どもは、コミュニケーション能力が発達しやすくなります。
幼児向けの英語教室に通って多くの人と触れあえば、よりコミュニケーション能力が高まりますね。

視野が広がる

島国である日本に暮らしている日本人にはグローバルな視点が根づきにくいといわれます。英語教育を通して早い段階からさまざまな人と関わる経験は、子どもの世界を広げてくれます。
英語を学べる教室では、外国の生活習慣や独自の文化にふれる機会も多いため、子供の視野もグンと広がることでしょう。

日本語の習得も早まりやすくなる

英語を早期から始めても、母国語に影響が出ることは少ないといわれています。それどころか近年の研究では、英語教育によって言語の仕組みや使い方を把握できるため、日本語の習得も早まりやすくなることが分かってきました。
将来のためにも、ぜひ幼児の頃から英語を学ばせてあげたいですね。


1歳から英語を習得するための、効果的な取り入れ方

英語の習得のためには、生の英語に触れるのが一番です。英語の幼児教室で学ぶ機会を作ってあげれば、子どもの英語力はどんどん伸びていきます。それに加えて、家でも英語の絵本を読んだりDVDを見たりするとよいでしょう。
1歳からの英語教育は、楽しみながら進めることが大切。遊びの中で自然と英語を使えるよう工夫し、たくさん褒めながら英語力を伸ばしていきましょう。

1歳のうちから英語を学ぶメリットはたくさんあります。早いうちからたくさん英語に触れさせてあげれば、子どもは楽しみながら英語力を身につけることができますよ。
英語教育を始めるのなら、ネイティブの英語を聞いてコミュニケーションをとれる環境を整えてあげたいですね。そのためにも、確かなノウハウのあるプロの先生のもとで学べるような幼児教室を選んでみてくださいね。

20200228_02
  • ニュースとイベント
  • 新春キャンペーン
  • bn05
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube