せっかくおもちゃを買っても子どもが遊ばない……その理由は?

「子どもにおもちゃを買ってあげたのに、全然遊んでくれない……」子育てをしていると、このようなことはよくありますよね。親としては残念な気持ちになりますが、そもそも“おもちゃがあっても遊ばない”のには、どのような理由があるのでしょうか?
ここでは「子どもがおもちゃで遊んでくれないとき」に考えられる理由を解説します。

20200318_01

子どもにおもちゃを買ったのに遊ばないのはなぜ?

子どもにおもちゃを買っても反応が薄かったり、全然興味を示してくれなかったりするのはどうしてなのでしょうか? その原因には、子どもならではの理由が隠れているかもしれません。

遊び方が分からない

例えば、1歳の子どもにお兄ちゃん・お姉ちゃん向けのおもちゃを与えた場合、「おもちゃ」と認識してくれないことは珍しくありません。また、「おもちゃということは分かっていても、どうやって遊べばよいか分からない」という場合も、興味を示しにくくなります。

発達に合っていない

子どもは年齢・発達とともに手先や体の動かし方を覚えていきます。
年齢に合わないおもちゃを与えても、うまく遊べなくて興味を持ってもらいにくいことがあるのです。

もともと執着心が薄い

子どもの中には、もともと物に対する執着心が薄い子もいます。
そのような場合は新しいおもちゃをあげたとしても反応が薄かったり、すぐに飽きてしまったりすることが多いでしょう。

おもちゃを使った遊びが好きじゃないから

子どもの中には、おもちゃよりもお絵描きや折り紙といった工作遊び、おにごっこなどの体を使った遊びのほうが好きな子も多いです。そのような子どもは、おもちゃに興味がないというよりは、魅力を感じていないだけなのかもしれません。

おもちゃで遊んでくれるようになるコツ

「せっかく買ってあげたおもちゃなのに遊んでくれない!」こんなときは、おもちゃを渡したあとの親の行動や、おもちゃの数を見直してみましょう。

おもちゃを買ったら、まず大人が一緒に遊ぶ

差し出されたものが「おもちゃ」と認識できない年齢の子どもや、おもちゃの遊び方が分かっていなさそうな場合は、大人が一緒に遊んであげるとよいでしょう。大人の遊び方を見よう見まねでまねるうちに、ひとりでも遊ぶようになります。

また、子どもが遊んでいるときに「できたね!」「すごいね!」とたくさんほめてあげるのも大切です。パパやママにほめられながら小さな成功体験を積み重ねていけば、「新しいおもちゃで遊んでみたい!」という気持ちを持ちやすくなるでしょう。

多すぎるおもちゃを減らしてみる

おもちゃに興味を持ってもらえない場合に多いのが、持っているおもちゃが多すぎるケースです。
親や祖父母は「おもちゃがたくさんあれば、どれかで遊んでくれるだろう」とついつい思ってしまいがちですが、子どもはおもちゃをもらいすぎるとすぐに飽きてしまったり、物を大事にしなくなったりすることがあります。

子どもが興味を持てず、まったく遊んでいないおもちゃがたくさんあるなら、思い切って処分してしまうのも1つの方法でしょう。

子どもが家にあるおもちゃに興味を持ってくれない場合は、幼児教室や英語教室に通わせてみるのもよいですね。家で見たことのない新しいおもちゃを知ることができますし、おもちゃがうまく橋渡しをしてくれることで、同年代のお友だちとの関わり方を学ぶこともできるでしょう。
お子さんがおもちゃの遊び方を覚えてきたら、パパやママも一緒になって遊んであげると喜びますよ。

  • ニュースとイベント
  • 2020年4月 杉並阿佐ヶ谷校 & 横浜馬車道校 NEW OPEN!
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube