2020年いよいよスタート! 小学校の英語教育、具体的な内容は?

学習指導要領の見直しによって、2020年度から公立小学校の英語教育が新しくなります。しかし具体的にはどのような内容の授業になるのでしょうか?
ここでは小学校の「新しい英語教育」の内容や、変更点についてご紹介します。

20200422_01

2020年から英語教育の内容はどう変わる?

私立の小学校は公立と異なり、独自のカリキュラムが組まれていることも多いでしょう。そのため、学校によってはすでに英語の授業がおこなわれている場合も珍しくありません。

しかし、2020年度の学習指導要領が見直されたことを受け、公立の小学校でも3年生から英語の授業がスタートすることになりました。
従来の公立小学校の英語教育は5年生からでしたので、2学年も早く開始するというのは大きな進歩です。

小学3・4年生は、体験型の英語教育を年間で35コマ受けることになります。授業ではALTの先生とともに、歌やクイズ、簡単な会話や発表などを通じて「聞く力」「話す力」を養っていきます。
この2年間の授業では、子どもたちや先生が積極的にコミュニケーションを取り、英語での発表の抵抗感をなくす目的もあるのです。

また、3~4年生の英語教育において、特に重視されているのが「英語に親しむことで、高学年から本格化する英語教育へつなげる」という点です。はじめに英語や外国の文化を学んだり、会話を通じて英単語や英文表現を覚えたりすることで、英会話力の基礎を築き上げていく狙いがあります。

小学校5年生以上は英語が「教科」に!

小学5年生からは「教科」として英語を学んでいきます。昨年度までの英語教育と異なり、2020年からはコマ数も年間70コマに増え、成績もつくようになりました。
小学3~4年の2年間で身に付けた「英語の基礎」を活かして、より実践的な英会話の力を伸ばせるようなカリキュラムが組まれることになります。 さらに、5年生からは英語の読み書きにも挑戦しはじめるので、最終的には「話す・聞く・読む・書く」の4つの力でコミュニケーションを取れることを目指していきます。

小学校高学年の英語教育は「英語で自分の気持ちや考えなどを伝えられる力」を育てる教育です。2020年以降は「教科」として授業のボリュームを増やすことで、知識やコミュニケーション力をより高められるようになります。
また、授業を通じて「英語コミュニケーション」の土台となる力を伸ばしていき、中学以降の英語教育につなげるのが大きな目的なのです。

英語教育が小学校から本格的に始まることで、より多くの子どもたちに英語に親しむ機会が生まれます。しかしこれは小学校3年生からのスタートであり、学習時間も十分確保されているとはいいにくいでしょう。
より確実に英語力を身に付けるには、小学校入学前から英語の幼児教室に通わせてあげて、英語に慣れ親しんでおくことが大切です。英語の幼児教室ではネイティブの先生が話す英語を聞けるので、聞く力がより育ちやすいのです。
国際化社会の中で子どもの可能性を伸ばすためにも、英語を学ぶことはとても良いことです。幼いうちから英語の話す・聞く力を育てておけば、英語の授業が本格化する頃にも楽しく英語に取り組めるようになれそうですね。

20200422_02
  • ニュースとイベント
  • 新春キャンペーン
  • bn05
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube