【オランダ編】外国の子どもに人気の遊び4つ

オランダは、ユニセフが2013年に実施した「子どもの幸福度リポート」の調査で1位を獲得した国です。オランダの子どもが幸福といわれるのはなぜなのでしょうか?
オランダには「イエナプラン教育」という考え方を軸に学習を進めていく学校がたくさんあります。自分らしい価値観の尊重を重視するイエナプラン教育によって、子どもは自分らしく学習を進めていくことができるのです。 外国の子どもに人気の遊びを紹介するこちらのシリーズで、今回はオランダの子どもたちに人気の遊びをご紹介します。

20200909_01

オランダの教育「イエナプラン」とは?

オランダの義務教育は5歳から18歳までで、公立だけでなく私立でも無償教育が受けられるのが特徴的です。また、初等教育のうちから落第方式が導入されているので、子どもたちは落第を避けるために真面目に勉強に取り組んでいます。
オランダでは、子どもの個性を重視する「イエナプラン教育」という考え方が導入されています。イエナプラン教育はイエナ大学で考案されたもので、年齢の違う子どもを同じクラスに振り分けたり自習時間を増やして自主性を高めたりといった斬新なカリキュラムを導入しているのが特徴です。この教育法によって、オランダの子どもはどんなことにでも主体的に取り組めるようになっていきます。

オランダで子どもに人気の遊びって?

サイクリング

オランダでは「人口よりも自転車の数が多い」といわれるほど、自転車が人気を集めています。
街なかには自転車専用道路や自転車用信号が整備されていますし、自転車を電車内に持ち込むことも可能です。オランダでは初等教育のうちから、学校に自転車で通う子どもがたくさんいます。もちろん、休日のサイクリングレジャーにも自転車が大活躍してくれます。

スケート

オランダの運河のいくつかは冬になると分厚い氷で覆われます。この運河でスケートをするのも子どもたちの楽しみです。冬季オリンピックでオランダ人選手が好成績を残すのは、小さい頃から運河でスケートを楽しんでいるからなのですね。

サッカー

オランダといえば、サッカーの世界大会の常連国としても知られます。オランダではサッカーは国民的スポーツで、街中にはサッカーを楽しめる芝生のグラウンドがたくさんあります。
オランダには、小さいうちからサッカークラブに所属して練習する、サッカーが大好きな子どももたくさんいます。

オランダで大人気の遊具「Wobbel」とは?

近年オランダで大注目を集めているWobbel(ウォーベル)とは、カーブした形が特徴的な木製遊具です。2015年にオランダ国内で発売されてからというもの、その人気は爆発的に広がり、今では世界40カ国以上で使われています。
Wobbelは、すべり台にしたりシーソーにしたりと遊び方は無限大です。自由な発想で楽しめる上にバランス感覚や体幹も鍛えられるのが、人気を集める理由といえるでしょう。

オランダの子どもは体を動かす遊びが大好きです。オランダでは、「イエナプラン教育」の影響により、子どもたちがのびのびと自分らしい遊びを楽しめるのかもしれません。
小さな子どもの個性を伸ばしたい方は、外国語を学べる幼児教室に通わせてあげるのがおすすめです。たくさんの子どもと一緒に学ぶ機会があれば、子どもは楽しみながら自分らしく社会性を身につけていくことができますよ。

20200909_02
  • ニュースとイベント
  • 秋キャンペーン
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube