子どもの音痴を改善したい! 音痴を克服するためのテクニックとは?

子どもが音痴なのではないかと心配な方は、音痴を直すための改善策を試してみるのがおすすめです。
音痴は遺伝するものではなく、生育環境でどのような音楽や歌に触れてきたかに大きく影響されます。生まれつき音痴の子どもはいないということを十分に理解し、適切な対応をすることが肝心です。
ここでは、子どもの音痴を直し、正しい音階で歌を歌えるようにするためのポイントをご紹介いたします。

20200924_01

音痴は改善できる! 子どもの音感を鍛えるテクニック5つ

1. たくさんの音楽に触れさせよう

子どもが小さいうちは、とにかくたくさんの音楽に触れる機会を作ってあげたいものです。子どもの脳は、新しいことを凄まじいスピードで吸収していきます。小さい頃にいい音楽をたくさん聞かせるだけで、音階は自然に身についていくものです。
昔ながらの童謡には、基本の音程が身につきやすいという良さがあります。また、テレビ番組で流れている歌や流行している歌なども子どもにとっては親しみやすいので、ぜひ取り入れてみましょう。たくさんの音楽に触れることで、子どもの音楽世界はどんどん広がっていきます。

2. 親子で一緒に歌ってみよう

両親や周囲の人が一緒に歌うのも、音痴の矯正に役立ちます。音痴でない人と一緒に歌えば、子どもはお手本を参考にしながら歌を練習できるのです。
最初は子守唄から始め、子どもの成長に合わせて親しみやすい歌を歌って聞かせたり、一緒に歌ったりしたいものです。一緒に歌うことは、親子の大切なコミュニケーションにもつながります。

3. リズムを取りながら歌ってみよう

音感とともにリズム感を鍛えていくことも大切なポイントです。リズムがズレていると歌もズレてしまうため、音感が身についていても音痴だと評されてしまうことになります。
ときには歌いながら手を叩いたり、踊ったりといった方法を試し、上手にリズム感を身につけてみましょう。 階段を登りながら「ド・レ・ミ」、降りながら「ミ・レ・ド」と歌ってみるのも効果的ですよ。

4. 子どもに「音痴」と言わないようにしよう

子どもに対して「音感がないね」「音痴だね」と直接伝えるのは避けたいものです。子どもが「自分は音痴だから仕方ない」という固定観念をもってしまうと、いくら練習してもなかなか音感が向上しなくなってしまいます。
音感をよくするためには本人の「上手に歌いたい」という意識が必要不可欠です。ポジティブな気持ちで歌えるよう、マイナスの言葉がけをしないように心がけましょう。

5. 音楽を習わせてあげるのもおすすめ

小さいうちからたくさんの音楽に触れさせるために、音楽の教室に通わせるのもおすすめです。
音楽のカリキュラムがある幼児教室、リトミック教室やピアノの教室には、子どもに音楽を教えるプロが在籍しており、楽しみながら音楽に親しめるメソッドも数多くあるものです。お友だちと一緒に歌ったり演奏したりする体験は、子どもにとってかけがえのないものとなるはずです。

子どもの音痴を改善する一番の方法は、たくさんの音楽に触れさせてあげることです。小さい頃から音楽と親しめるような環境を意識的に作ってあげましょう。
子どもが音痴かもと気になるときには、音楽教室や幼児教室に通わせるのも有効な方法です。子どもが楽しみながら歌ったり踊ったりできる教室に通えば、高いレベルの音感が身につきやすくなりますよ。

20200924_02
  • ニュースとイベント
  • 新春キャンペーン
  • bn05
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube