体操教室が子どもに与える効果とは? どのようなメリットがある?

子どもに習わせたい人気の習い事の1つに体操教室があります。
将来的に体操選手を目指してほしいという思いから子どもを体操教室に通わせる方ももちろんいます。しかし将来的にプロを目指さないのであっでも、体操教室には多くのメリットがあるので、ぜひ通わせてあげたいものです。
ここでは、体操教室が子どもに与える効果についてご紹介いたします。

体操教室が子どもに与える効果とは? どのようなメリットがある?

子どもを体操教室に通わせるメリットや身につく能力5つ

基礎的な運動能力が向上する

3歳くらいから小学生くらいまでは、運動神経が発達しやすい時期といわれます。この時期にバラエティ豊かな運動をたくさんおこなうことで、運動能力は飛躍的に向上していくのです。
身体能力が向上すれば得意な運動が増えるので、今後スポーツをするときに役立ちます。また、ケガや病気を防ぎやすくなるという嬉しい効果もあります。

脳に刺激を与えて発達を促す

ハーバード大学医学部の調査によると、運動には脳の神経細胞であるニューロンを増やして認知機能を高める働きがあるのだといいます。また、カリフォルニア州でおこなわれた。
調査でも、体力テストの成績がいい子どもほど学業の成績もよかったのだそうです。
小さい頃からの運動習慣は、身体能力の向上だけでなく学習能力を高める効果も期待できるのです。文武両道を目指すのであれば、ぜひ子どものころからたくさんの運動をさせてあげましょう。

イメージ感覚を育てる

体操教室には、体を動かすイメージをつかみやすくなるという良さもあります。たとえば鉄棒やトンネルくぐりをするときなどに、繰り返し練習をすればどのように体を動かせばうまくいくか把握できるようになるのです。
運動によって体幹を鍛えたりバランス感覚を養ったりすれば、体を自在に動かせるようになっていきます。

運動への苦手意識がなくなる

運動経験が少ない子どもは、体を動かしたときに「うまくできない」と感じてしまうことがあります。運動に苦手意識を持ってしまうと、今後のライフスタイルに影響が及んでしまいます。
運動をする機会が多い子どもや体操教室でたくさん褒められた子どもは、どんどん運動が好きになっていきます。小学校や中学校の体育の時間を楽しむためにも、積極的に運動をする機会を作ってあげたいものです。

コミュニケーション能力がつく

多くの体操教室では、友達や仲間と一緒に体を動かすため、コミュニケーション能力が向上しやすくなります。
スポーツには個人種目だけでなく、仲間と協力しながら戦う競技もあります。協力して1つのことを達成したり、全力を尽くして相手と戦ったりする経験を小さいうちから積ませてあげましょう。

小さなうちから運動を習わせることには多くのメリットがあります。
子どもを体操教室に通わせたいと考えている方には、総合的な学びを得られる幼児教室もおすすめです。幼児教室では英語や絵画、スポーツなどの体験からさまざまな能力を伸ばすことができます。幼少期に必要な能力を伸ばしたいのであれば、ぜひ幼児教室をお選びください。

4-2
  • bn05
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube