子どもにぜひ実践させたい! 「英語の音読」がもたらす良い影響とは?

英語文章の音読は、英語習得に効果的といわれています。
日本の多くの小学校では、国語の時間や宿題で毎日のように音読の学習をします。これと同じように、英語力も音読によってどんどん伸びていくのです。
子どもの英語力を引き出すためにも、効果的な音読のコツを知っておきましょう。今回は、英語の音読の実践テクニックをご紹介いたします。

子どもにぜひ実践させたい! 「英語の音読」がもたらす良い影響とは?

子どもの頃から英語の音読をすべき理由とは?

英語の習得過程では「リスニング」だけでなく「スピーキング」も重視されます。
しかし日本の多くの家庭では、子どもが英語をしゃべる環境がそれほど整ってはいません。そんな状況だからこそ、積極的に英語に触れられるよう英語の音読を取り入れるのが効果的なのです。
v 英語の幼児教室やプリスクールでも、英語の音読レッスンは重点的に行われています。子どもたちは英語の文章を何度も読むうちに発音や抑揚のコツが分かるようになります。
暗記するほど読めば内容も理解できるようになり、英語の能力もどんどん高まっていくのです。

子どもに英語の音読をさせるときのポイント

子どもが自然に英語に親しめるよう、音読をさせるときには以下のポイントを意識してみましょう。

最初は簡単で短い文章から始める

最初からハードルが高い文章を用意すると、子どもは自信ややる気を失ってしまいます。
まずは、5~10フレーズくらいの簡単な文章を読ませることから始めてみましょう。パッと暗記できる短文が多く掲載されている教材を使えば、無理なく音読の実践ができます。

子どもが好きな題材を選ぶ

興味の薄い分野の話は大人でもつまらないと感じるものです。子どもが夢中で音読を楽しめるよう、興味のある題材を選んであげましょう。
子どもによって興味のある分野はそれぞれ異なります。わくわくするような物語やイメージしやすい英文の載った絵本や教材を選ぶのがおすすめです。

CDやDVD、音声ペンの活用がおすすめ

絵本や英語の文章だけでなく、CDやDVDを用意してあげるのも有効な方法です。また、音声ペン付きの英語教材を取り入れるのもよいでしょう。
正しい英語の発音をまねるようにすれば、子どもは気軽に音読を楽しめます。

できるだけ毎日続けることが大切

音読の練習はできるだけ毎日続けるよう心がけたいものです。
音読をした日付を教材に書き込んだり、カレンダーにシールを貼ったりといった方法でチェックすれば、モチベーションが上がりやすくなります。

復習をすれば英語力が身につきやすくなる

音読で英語力を高めるためには復習が重要です。
前の日にやった範囲を復習するように読み、できるようになったら次の文章に進む方法で音読させるようにしましょう。うまくいかないときには、同じ範囲を繰り返して確実に読めるようにすることが大切です。

英語の習得のためには、声に出して発音する体験を重ねることが大切です。「継続は力なり」という言葉の通り、1日数分程度の音読であっても毎日続ければ英語力は飛躍的に向上します。
子どもが英語に興味を持っているのなら、幼児教室やプリスクールでの学習もおすすめです。小さい頃から本格的な英語に親しみを覚えることで、英語学習への興味を惹き出すことができます。また、同世代のお友だちと楽しみながらネイティブの英語を身につけられるのもメリットの1つです。英語が身につけられる幼児教室やプリスクールへの参加をぜひ検討してみてくださいね。

Group,Of,Children,Enjoying,Reading,Together
  • ニュースとイベント
  • 夏のバブルパス
  • bn05
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube