世界で注目されている「非認知能力」とは? その特徴や種類をご紹介!

現在、非認知能力と呼ばれる能力が世界中で注目を集めています。
人間の能力は認知能力と非認知能力に大別できます。認知能力とは、テストなどを通して数値で判断できる能力や学力のことです。IQ(知能指数)などは認知能力の代表例です。
そして非認知能力とは、認知能力にカテゴライズされるもの以外の能力のことです。
非認知能力とは具体的にどのようなものか、その内容や種類、特徴についてチェックしてみましょう。

世界で注目されている「非認知能力」とは? その特徴や種類をご紹介!

非認知能力とは数値で測れない能力のこと

人間には、数値で推し量ることができない能力が数多く備わっています。たとえば勤勉性や忍耐力、好奇心や想像力、社交性や明るさ、優しさ、精神安定性などの能力をどの程度持ち合わせているかは人それぞれ違います。
数値ではなかなか測れないこれらの能力を非認知能力と呼びます。非認知能力を判断するための明確な数値や指標というものはありません。そのため非認知能力はときに教育の中で重視されないこともあります。
とはいえ、これらの能力をぜひ子どもに身につけてほしいと感じている親は少なくありません。 非認知能力は幼児期や学童期にかけて伸びやすいといわれます。家庭での遊びや教育機関での適切な学びによって、子どもたちは多くの非認知能力をどんどん伸ばしていくことができます。

非認知能力が世界で注目されるきっかけとは

非認知能力が注目されるきっかけになったのは、1960年代にアメリカで行われた「ペリー就学前プロジェクト」です。
このプロジェクトでは3~4歳の子どもをランダムに分け、一方のグループにだけ独自のプログラムを受けさせました。プログラムの内容は、子どもが主体となる学びの提供や家庭訪問などです。こちらのプロジェクトでは、テストなどで測れない非認知能力を伸ばすことが重視されました。
プロジェクトのあとに行われた40年の追跡調査では、独自プログラムを受けたグループの人のほうが学校の成績や社会生活の安定度が高まり、犯罪率や生活保護受給率は低くなったといいます。
つまり、非認知能力を伸ばす幼児期の学びは、豊かな人生を作り上げることにつながると考えられるのです。

非認知能力にはさまざまな種類がある

非認知能力にはさまざまな種類があります。
たとえばやる気や集中力などの意欲や、あきらめずに頑張る忍耐力は、目標達成のためになくてはならない能力です。また、自己肯定感や自立心、理性などのセルフコントロール力、判断力や行動力などのメタ認知も非認知能力に分類されます。
ほかにも、リーダーシップや協調性などの社会性、応用力や対応力、想像力、優しさや穏やかさなど、子どものうちに身につけたい非認知能力はたくさんあるのです。

非認知能力を向上させることは、その人の人生の質を上げることにつながります。つまり非認知能力は、よりよく生きるための基礎となる能力なのです。
学力などの数値で測定できる認知能力ももちろん大切です。しかし、目に見えない非認知能力を伸ばすことがおろそかにならないよう、十分気をつけたいものです。
非認知能力を伸ばすためには、バリエーション豊かな学びを子どもに体験させることが重要といえます。幼児教室やプリスクールの活用などを通して、子どもの非認知能力をどんどん引き出していきましょう。

Toddler,Playing,With,Learning,Toys,At,Home,Or,Kindergarten.,Baby
  • bn05
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube