子どもが鏡文字を書く原因は? 直すべき? 親がすべき行動について

絵本などを通じてひらがなやカタカナに興味を持った子どもは、文字を書こうとチャレンジすることも多いものです。その様子はとてもほほえましくかわいらしいですよね。しかし時には、書いた文字が左右逆さまの「鏡文字」になってしまうことがあります。なぜ子どもは鏡文字を書いてしまうのでしょうか?
ここでは子どもが鏡文字を書く理由や、親がしてあげられる行動について解説します。

子どもが鏡文字を書く原因は? 直すべき? 親がすべき行動について

子どもが鏡文字を書くのはなぜ? 理由を知ろう

子どもは時折「さ」が「ち」になるなどの鏡文字を書くことがあります。特に5~6歳くらいまでの子どもは鏡文字を書くケースが多く見られます。鏡文字になってしまうのには、以下の理由が考えられるでしょう。

左脳や左右の感覚が未発達だから

人の脳は左脳で言語などの論理的情報を、右脳で感性・感覚を処理しています。ただ、左脳は成長と共に発達していくため、小さな子どものうちはまだ発達途中の状態です。そのため目で見たひらがな・カタカナをアウトプットする(書いて処理する)ことがうまくいかず、鏡文字になってしまうといわれています。

また、子どもは左右の関係を認識するのが上手ではありません。そのため文字の左右が分からないまま書いてしまい、鏡文字になると考えられています。

文字の細かい構成がわかっていない

文字には線や丸、曲線、点といった要素と、左右の位置関係が含まれています。しかし文字を書くという行為に慣れていない子どもは、文字の構成を大まかに捉えただけで左右の位置関係がまだわかっていないケースが多いのです。そのため左右が反転した鏡文字を書くことがあります。

左利きで書きやすい方向から書いている

子どもが左利きの場合、「左から右」へ時計回りに文字を書くよりも「右から左」へ反時計回りに書く方が楽に文字を書けます。そのため書きやすい方向から文字を書き、結果的に鏡文字になってしまうことがあるようです。

子どもが鏡文字を書いていたら親はどうすべき?

親御さんの中には「子どもが鏡文字を書いているとどうしても気になる」という方もいるでしょう。そのような場合は、次の対処法で子どもが正しい文字を認識できるように働きかけてみるといいですね。

ひらがな表で正しい文字を見る機会を増やす

正しい文字を繰り返し認識させることは、鏡文字を直すきっかけになります。その第一歩として、お風呂やトイレ、子どもの遊ぶスペースなどにひらがな表を貼ってみましょう。また、遊びながら文字を覚えられる知育玩具などを活用するのも良い方法ですね。

「逆さだね」とやさしく教えてあげる

子どもが文字を書いたら、まずはたくさんほめてあげましょう。ほめられた子どもはうれしくなって、さらに文字を書くことを楽しむようになります。その際に「逆さになっているね」とさりげなく教えてあげると、子ども自身が気付くきっかけになるかもしれません。

書き方をイメージしやすいよう説明する

左利きの子どもは反時計回りに文字を書くことがあります。そのため「―」などの横棒を書くとき、線を「引く」というよりは「左から右へ押す」と教えた方が分かりやすいです。子どもが左利きかも? と思ったら、書き方を分かりやすく説明してあげましょう。

親御さんの中には、子どもが鏡文字を書いていると少し心配になる方もいるかもしれませんね。もし小学生になっても鏡文字が直らない場合は、発達の専門機関などに相談してみるのも1つの方法です。
しかし発達的には、鏡文字を書くのは珍しいことではなく、心配しすぎる必要はありません。多くの子どもは成長して5~6歳ごろになれば自然に鏡文字を書かなくなるともいわれています。あまり深刻に捉えず、子どもの成長をゆったりと見守ってあげることも大切ですよ。

Asian,Cute,Girl,Enjoy,Drawing,On,The,Table
  • bn05
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube