考える力が身に着く? 子どもに掃除を手伝ってもらうメリット

子どもは親が掃除をしている姿を見て、お手伝いに興味を持つ場合も多いもの。実は子どもに掃除を手伝わせると、「自立心が育つ」「考える力が身に着く」などのさまざまなメリットがあるのをご存じでしょうか?
ここでは子どもに掃除を手伝ってもらうメリットや、掃除を手伝ってもらう際のポイントをご紹介します。

考える力が身に着く? 子どもに掃除を手伝ってもらうメリット

子どもが掃除をするとどんなメリットがある?

子どもは親の姿を見てあらゆることに興味を持ちます。そのため、好奇心の芽がぐんぐん育ってくる2~3歳ごろになると、親の真似をして掃除をしたがることも。
実は掃除には、子どものさまざまな力を育てる効果もあるのです。

自立心、考える力が育つ

掃除を日常的におこなっている子どもは、「どのように進めれば早く綺麗になるか」「もっと綺麗にするにはどうすればいいか」と考えるクセがつきます。その結果、自立心や自分の頭で考える力が身に着くのです。

人を思いやる心が育つ

お手伝いには「困っている人を助けたい」という思いやりの心を育てる効果もあります。また、褒められることでさらに「役に立ちたい」という気持ちも育まれます。

自己肯定感が育つ

掃除をして達成感を味わったり、親がほめてくれたりすると子どもの自己肯定感が高まります。自己肯定感は心が健康に育っていくうえでとても大切なものです。

衛生観念が育つ

掃除をすると、「清潔は気持ちがいい」という感覚を知ることができます。これは生きていくうえで大切な「衛生観念」を構築するためにとても重要です。

子どもにはどのような掃除のお手伝いがおすすめ?

小さな子どもに掃除を手伝ってもらう場合は、テーブルや床などの拭き掃除、おもちゃのお片付けなどの安全なものからお願いするとよいでしょう。粘着ローラーでカーペットのゴミを取ってもらうのも遊び感覚でできるのでおすすめです。

3歳くらいになればホウキを使った掃き掃除や、掃除機、フローリングワイパーでの床掃除も上手にできるようになってきます。さらに成長したら、窓の下のほうやサッシなどの拭き掃除、お風呂掃除なども教えてみると良いでしょう。

子どもに掃除を手伝ってもらうときのポイント

子どもに掃除を手伝ってもらう際には、気を付けたいポイントがいくつかあります。

塩素系・酸性の強い洗剤は使わない

子どもがある程度の年齢になるまでは、塩素系漂白剤やトイレの酸性洗剤などを使わないほうがよいでしょう。誤飲や目に入る恐れがあるだけでなく、うっかり2つを混ぜてしまって有毒ガスが発生すると大変危険です。子どもに手伝ってもらうときはアルカリ電解水や重曹水、クエン酸水などのナチュラルな素材でできた洗剤がおすすめです。どうしても洗剤を使いたい場合は中性洗剤を選び、目や口に入らないように注意しながら使用しましょう。

ホコリが舞う場合はあらかじめマスクを着けさせる

ホウキでの掃き掃除やホコリ取りなどの際にはハウスダストが舞います。アレルギー症状が出ることもあるので、あらかじめ窓を開けて換気をしたり、マスクを着用してもらったりしてからお手伝いしてもらいましょう。

転落・転倒事故に気を付ける

ウッドデッキや2階のベランダ、窓などの掃除を手伝ってもらう場合は、必ず目を離さないようにしましょう。転落によるケガの恐れがあるからです。また、床を水拭きしたときなどは滑りやすくなっているので、転倒にも要注意です。

掃除には子どもの自立心や考える力、思いやりの気持ちが育つ効果があります。さらに、親に褒められることで自己肯定感も育てられます。子どもが掃除や身の回りのことを手伝うようになり、「自分でやりたい」「こうしたい」という気持ちが芽生えてきたら、幼児教室でさまざまな経験をさせてあげるのも良いですね。

Room,Cleaning,Taskforce,-,Kids,With,Dust,Brushes,Preparing,To
  • ニュースとイベント
  • bn05
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube