子どもの指しゃぶりの原因は? 親がしてあげられる対処法

お子さんの指しゃぶりに悩んでいるご家庭は案外多いものです。指しゃぶりはもともと本能的におこなうものとされていますが、赤ちゃんを過ぎても指しゃぶりをしていると歯並びが気になりますよね。 そこで今回は、子どもが指しゃぶりをする原因について解説します。親がしてあげられることについてもご紹介するので、ぜひご覧くださいね。

子どもの指しゃぶりの原因は? 親がしてあげられる対処法

子どもが指しゃぶりをする原因は?

子どもの指しゃぶりは乳幼児期に多く見られます。原因については子どもによっても個人差があるものの、一説には「口から刺激を受けることで心地よさを感じている」ともいわれています。

生まれたての赤ちゃんから1歳半ごろまでの時期は「口唇期」といい、おっぱいやミルクによって生命を維持し、親からの愛を感じています。そのため、口に物を含むことで安心感を得たり、情緒が安定したりする効果があるのです。

こうした口唇期の指しゃぶりは、2~3歳で自然に卒業する子どもが増えます。その理由は、心身の発達によって手先が器用になったり、遊びや楽しいことに気を取られたりするからです。「指しゃぶり」に興味がなくなるからやらなくなる、というわけですね。こうした理由から、3歳くらいまでは無理に指しゃぶりをやめさせなくてよい、とする専門家もいます。

ただ、中には4歳、5歳頃になっても指しゃぶりを止められない子どももいます。その理由はさまざまですが、中には「暇でやることがないから」「なんとなく落ち着くから」といったケースも。
この時期には歯並びに影響が及ぶこともあるため、気になる親御さんは次でご紹介する対処方法を試してみてください。

子どもの指しゃぶりを改善したい……対処方法は?

子どもの指しゃぶりを改善したいときに特に意識したいのが、「叱らず褒める!」ということ。指しゃぶりは無意識に出るクセですので、叱ってもあまり効果がありません。

指しゃぶりをしなかったことを褒める

子どもが指しゃぶりをしているときは、「やめておこうね」と冷静に注意するだけでよいでしょう。逆に、指しゃぶりをしなかったときは「すごいね! 指しゃぶりを我慢できたね!」とたくさん褒めてあげましょう。指しゃぶりをしなかった日はカレンダーにシールを貼るなど、我慢した成果を視覚化するのも有効です。

指しゃぶりに関する絵本を読み聞かせる

最近では指しゃぶりを題材にした「ゆびたこ」という絵本も人気です。この絵本は主人公の女の子が指しゃぶりをしてできた「たこ」が、ある日突然喋り出した……というユニークなストーリーが魅力。絵本だけではやめられなくても、お子さんが指しゃぶりについて考えるきっかけとなってくれればしめたものです。

指しゃぶりを防ぐアイテムを利用する

どうしても指しゃぶりが止められない場合は、市販の「指しゃぶり対策クリーム」を使ってみるのも手です。これは保湿成分が配合された安全なクリームで、なめると苦みを感じるようになっています。子どもの指しゃぶり回数が減れば、卒業に一歩近付けるかもしれません。

指しゃぶりはあくまで一時期のクセであり、成長とともに自然としなくなっていく場合も多いものです。指しゃぶりをしそうになったら、親が子どもとたっぷり遊んであげたり、手を握って絵本を読んであげたりするのも良い方法ですよ。

また。遊びに興味のある子どもであれば、幼児教室に通わせてさまざまな経験をさせてあげるのもおすすめです。いろいろな遊びに好奇心を持つようになれば、自然と指しゃぶりが卒業できるかもしれませんね。

Dad,And,Toddler,Son,Having,Fun,Playing,At,Home,,Close
  • bn05
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube