秋は行楽に最適なシーズン! 秋を見つけに、子どもと公園に出かけよう

暑い夏が終わって過ごしやすい秋になれば、子どもと一緒のお出かけもしやすくなりますね。
秋の公園には落ち葉やどんぐりなど、秋ならではの自然があふれています。
自然の中で遊ぶ経験は、きっと子どもにとって良い刺激になることでしょう。

今回は、親子での秋の公園の楽しみ方や、秋ならではの外遊びを紹介します。

秋は行楽に最適なシーズン! 秋を見つけに、子どもと公園に出かけよう

公園の落ち葉を使った遊びのアイディア

子どもは秋の公園で落ち葉を集めるのが大好き。
気がつけば両手いっぱいに落ち葉を集めて楽しんでいるといったこともあるかもしれません。
カラフルな落ち葉をパッと空中にばらまくだけでも、子どもにとっては楽しい遊びになります。
バケツなどの砂場道具に落ち葉や木の実を入れてお料理ごっこをしたり、大きな葉っぱに穴を開けてお面にしたりと、アイディアいっぱいの遊びを試してみましょう。
拾った落ち葉は工作にも使いたいですね。
大きなビニール袋にテープで落ち葉をたくさん貼り付けて落ち葉の洋服を作れば盛り上がります。
木の実や枝なども取り入れて、楽しいファッションショーをしてみましょう。

秋の公園ではどんぐり拾いも楽しめる

秋の公園でのどんぐり集めを楽しみにしている子どもは多いものです。
どんぐりをたくさん拾って大きさを比べたり、たくさんのどんぐりを並べて地面に絵を描いたりと、秋ならではの遊びをしてみましょう。
どんぐりには丸いものや細長いもの、カサをかぶっているものなどがあります。
「どうしていろんな形のものがあるのかな?」と子どもに尋ねて、想像力を刺激してあげるのもおすすめですよ。
どんぐりはコマやヤジロベエ作りにも使えます。
たくさんのどんぐりをペットボトルや卵パックに入れて密閉し、ガラガラと振って遊ぶおもちゃ作りにもぜひチャレンジしたいですね。

公園のまつぼっくりも遊びに使ってみよう

公園に落ちているまつぼっくりも、ぜひ遊びに使いたいものです。
公園の木にバケツを引っかけて、まつぼっくりを投げ入れる玉入れ遊びをすれば盛り上がります。
地面に円を書き、少し離れたところからまつぼっくりを投げて円の中にたくさん入れた人が勝ちといったルールで遊ぶのもおすすめです。
まつぼっくりは球体ではなくいびつな形をしているので、思ったとおりには転がってくれません。
「どうしたらうまく投げられるかな?」と考えるのも良い刺激になりますね。

公園のまつぼっくりも遊びに使ってみよう

秋の外遊びは、子どもの五感を大いに刺激し、心身を成長させてくれます。
季節を感じさせる遊びをたくさん体験させれば、子どもはさまざまな発見からたくさんのことを学び取ってくれることでしょう。 子どもの五感を刺激し成長を促すために幼児学習を取り入れるのもおすすめですよ。

特に、英語学習の幼児教室には、子どもの興味を引き出し英語力を高める工夫がたくさん込められています。
遊びながら英語力を高められる幼児教室の利用を、ぜひ検討してみてくださいね。

  • ニュースとイベント
  • ウインタースクール
  • プリスクール・アフタースクール
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube