子どもに教えてあげたい! ハロウィンにお菓子を配るのはどうして?

仮装をしてお菓子をもらいにいくハロウィンのイベントを楽しみにしている子どもは多いことでしょう。
しかし、そもそもなぜハロウィンにはお菓子をもらいにいく風習があるのでしょうか?
ハロウィンの歴史を子どもに教えてあげれば、もっとハロウィンに興味を持ってもらえるはず。
この記事では、ハロウィンでお菓子が配られる理由を子どもに分かりやすく教える方法を紹介します。

子どもに教えてあげたい! ハロウィンにお菓子を配るのはどうして?

ハロウィンの風習には深い歴史がある

ハロウィンでは、子どもたちが思い思いの仮装をして近所の家を訪ね、お菓子をもらう風習があります。
「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)」という呪文のような言葉を告げてお菓子をもらうのは、子どもにとって大きな楽しみですよね。
ハロウィンにお菓子を配るイベントを「お菓子会社のキャンペーンなのでは?」なんて思っている人もいるものです。
しかし、ハロウィンのお菓子には実は宗教に関わる深い歴史があります。

ハロウィンにお菓子を配る理由とは?

カトリックでは、11月1日を万聖節(ばんせいせつ)としています。
万聖節は聖人を崇敬する祝日であり、その前日の夜を「All hollow evening(万聖節の前夜)」と呼びます。これがいつしか訛って「Halloween」と呼ばれるようになったのです。
万聖節の前夜には死者の霊や悪霊が現れ、子どもをさらったり畑を荒らしたりするといわれていました。
悪霊を退けて平和な万聖節を迎えるために、お菓子を渡して元の世界へ帰ってもらうようお願いしたのが、ハロウィンにお菓子を配る風習の由来といわれています。

ハロウィンの風習にはさまざまな説がある

ハロウィンの日、子どもたちはオバケや悪霊の格好をして家々を回り「お菓子をくれないといたずらするぞ」と脅します。
この風習には、「お菓子を渡すことで悪いものや災いに去ってもらう」という意味合いがあるのです。

また、中世ヨーロッパの農民がお祭りに使うための食料を集めたことが由来という説や、アメリカのキリスト教信者が食べ物を乞いながら村を渡り歩いたことに起因するという説もあります。

子どもにハロウィンの風習を分かりやすく説明しよう

子どもにハロウィンを楽しんでもらうためにも、なぜお菓子をもらえるのかを分かりやすく説明してあげたいですね。
「ハロウィンの日には怖いオバケが出るんだよ。だけど、お菓子を渡せばオバケの世界に帰ってくれるんだよ。
だから、みんなオバケの格好をしてお菓子をもらうんだよ」「お菓子をもらうと、悪いオバケがいなくなって平和になるね」と説明すれば分かりやすいですね。
ハロウィンの日になぜお菓子がもらえるのかを説明して理解させれば、子どもはハロウィンのイベントをもっと楽しんでくれることでしょう。

 動物の着ぐるみも子どもたちに大人気

近年すっかり日本に定着したハロウィンのイベントは、海外の文化に気軽に触れることのできるチャンスといえます。
英語の幼児教室では、さまざまな海外の文化を学ぶこともできます。
ハロウィンを機に子どもが海外文化に興味を示したのなら、英語の幼児教育を受けさせることを検討してみてはいかがでしょうか。

  • ニュースとイベント
  • 秋キャンペーン
  • プリスクール・アフタースクール
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube