表現の違いが楽しい! 日本語と英語で異なる「動物の鳴き声」について

日本語と英語では動物の鳴き声の表現方法が異なります。鳴き声は英語圏ならば全て同じというわけではなく、国によっても動物の鳴き声の表現方法は違うものです。
しかし、同じ動物の鳴き声でありながら、なぜ日本語と英語では表現が異なるのでしょうか?
今回は、主にアメリカで使われている動物の鳴き声の表現方法について紹介します。

表現の違いが楽しい! 日本語と英語で異なる「動物の鳴き声」について

さまざまな動物の鳴き声をチェックしようる

同じ動物であっても、日本語と英語では鳴き声の表現方法が違います。
例えば、日本語では、犬の鳴き声といえば「ワンワン」ですが、英語では「bowwow(バウワウ)」と表現します。
ネコの「meow(ミャオ)」という鳴き声や、牛の「moo moo(ムームー)」といった鳴き声は、日本語と比較的近いですね。
ブタの鳴き声の表現は日本語では「ブーブー」が一般的ですが、英語では「oink oink(オインクオインク)」と全く違うものになります。

ニワトリは日本語なら「コケコッコー」ですが、英語では「cock-a-doodle-do(コッカドゥールドゥ)」と発音します。
一般的な鳥の鳴き声は「tweet tweet(トゥイートゥイー)、鳩は「coo coo(クークー)」、アヒルは「quack quack(クワッククワック)」です。
ほかに、羊の鳴き声は「baa baa(バーバー)」、ライオンの鳴き声は「roar(ロアー)」と表現します。

なぜ動物の鳴き声に違いが出るの?

動物はどんな国にいても同じ声で鳴くものですが、その鳴き声の表現方法は国によって大きく異なります。
それぞれの国の言葉には発音の特徴があり、動物の鳴き声はその国の子どもが発音しやすい音声で構成されているのです。
日本では犬の鳴き声を当たり前のように「ワンワン」と表現していますが、先入観を持たずに犬の声を聞くと「バウワウ」と鳴いているように聞こえることもあるものです。
英語の鳴き声を覚えて動物園に行き、「ライオンの鳴き声はroarって聞こえるかな?」と、じっくり鳴き声を聞いてみてくださいね。

動物の鳴き声を使った英語遊び

動物の鳴き声を英語で覚えるために、簡単なゲームを取り入れてみましょう。
パパやママが「Be a dog!」と声をかけたら、子どもは「bowwow」と英語で鳴き声を発します。

逆に、「Who says meow?」と尋ねて「cat」と答えさせるのもよいでしょう。
表側に動物の絵、裏側に「bowwow」「meow」など鳴き声を書いたカードを作って遊ぶのもおすすめです。
たくさんの動物カードを並べ、パパやママが鳴き声を発音して子どもにカードを取らせる「英語版かるた取り」をすれば、とても盛り上がります。
繰り返し遊んでいるうちに、子どもたちは自然と動物の鳴き声を覚えてくれますよ。

 動物の着ぐるみも子どもたちに大人気

日本語と英語での動物の鳴き声の違いを比較するのも楽しいものですよね。
さまざまな動物の鳴き声を使った英語遊びにもぜひチャレンジしてみましょう。
子どもが英語に興味を持ったのなら、英語の幼児教室に通わせてあげるのもおすすめです。
友達と一緒に英語の歌やゲームを楽しむうちに、生きた英語をどんどん身についていきますよ。

  • ニュースとイベント
  • 秋キャンペーン
  • プリスクール・アフタースクール
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube