子どもの勉強に学習机は必要? メリットデメリットと購入時期について

子どもには、自宅でのびのびと学習できる環境を整えてあげたいですね。
子どもが勉強をするための学習机の購入を早い段階で検討しているという家庭も多いものです。
しかし、中には子どもが勉強をするにあたって学習机が必要かどうか悩む方もいることでしょう。
そこでこの記事では、学習机のメリットやデメリット、適切な購入時期について紹介します。

子どもの勉強に学習机は必要? メリットデメリットと購入時期について

子どもに学習机が必要な理由とは?

学習机の購入は、子どもが勉強に集中できる環境をつくることにつながります。
また、学習机は子どもにとって重要なパーソナルスペースになるものです。
学習机を用意し、子どもの学習への意欲と自立心を引き出しましょう。
子どもの成長に伴い、1人で集中して学習するスペースはいずれ必要になるものです。
あとあと必要になることを考えれば、早い段階で学習机を購入するのもよいでしょう。

子どもの学習机の選び方のポイントは?

子どもの背が伸びたときに机や椅子の高さが調整できる学習机を選んでおけば、長く愛用することができますよ。
子どもの背丈に合わせて調節できるので、いつでも背筋を伸ばした正しい姿勢で学習させられます。

また、ライトで手元を明るく照らせる学習机を選び、視力の低下を防ぐことも子どもの健やかな成長のための大切なポイントです。
学習机を購入するときには、収納スペースもしっかりチェックしておきましょう。
棚に本や文具を自由に入れられる容量があれば、片付けの習慣がつきやすくなります。
子どもが棚に好きなおもちゃやぬいぐるみを飾って自由に自分だけの世界を作れるのも、子ども専用の学習机の良さといえます。

学習机の購入にはデメリットもある?

しかし中には「せっかく学習机を購入したのに、子どもがあまり使わなかった」という家庭もあります。
「気軽に勉強したい」「パパやママの近くで勉強したい」という思いから、子どもが親の目が届きやすいリビングルームで学習したがる場合、学習机の出番は少なくなります。

また、子ども向けデザインの学習机や家のスペースを圧迫する大きな学習机を購入したため、子どもが大きくなってから持て余してしまうケースもあります。
学習机を購入するときには、必要かどうかをじっくり検討しましょう。

子どもの学習机はいつ頃購入すべき?

子どもの小学校入学に合わせて学習机を購入するという家庭は多いものです。
入学祝いとして祖父母や親類が学習机を買ってくれるケースもあります。

また、入学時の購入を見送り、高学年になって子ども部屋を作ったタイミングや、中学校入学のタイミングで学習机を購入する方もいます。
机に向かって集中して学習する習慣は早いうちからつけさせたいものですよね。
小学校入学前の子どもであっても、幼児教室で教わったことを復習したり、自分用の机で自由に過ごしたりすることも考え、早い段階で学習机を与えるのも選択肢の1つです。

子どもの学習机はいつ頃購入すべき?

学習机を与えることは、子どもの「自分のスペースで勉強ができる」というやる気を引き出すことにつながります。
子どもがテーブルに向かって勉強や作業に集中するようになったのなら、それは学習机が必要になったというサインかもしれません。
英語や絵画の幼児教室に子どもを通わせており、子どもが家でも積極的に勉強したがるという家庭では、小学校入学前に学習机の購入を検討するのもおすすめですよ。

  • ニュースとイベント
  • 秋キャンペーン
  • プリスクール・アフタースクール
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube