子供の学習には「復習」が重要! 効率のよい復習方法をチェックしよう

記憶を定着させるためには、学んだことをそのままにするのではなく繰り返し復習をすることが大切とされています。
子供が幼児教室で英語を学んでいるのなら、家庭で復習をすればより効率よく英語を覚えることができますよ。
復習をさせるときには、子供を飽きさせないよう楽しく行いたいですね。
この記事では、パパやママと一緒に行う楽しく効率のいい復習方法について紹介します。

子供の学習には「復習」が重要! 効率のよい復習方法をチェックしよう

記憶を定着させるためには復習が大切

「せっかく覚えたのに、一晩寝たら忘れてしまった」という経験を持つ方も多いのではないでしょうか。
人間というのは忘れる生き物なので、記憶を定着させるときには必ず復習が必要になります。

ドイツの心理学者エビングハウスによると、人間は1時間で56%、1日で74%の情報を忘れるといいます。
習ったことは当日に復習し、さらに2~3日後、1週間後と数回に分けて覚え直すのが効果的とされています。
その場ではなんとなく覚えたつもりになっていても、そのままにすると忘れてしまうことも多いものです。
子供にとって幼児教室に通うことは、たくさんのことを学べる貴重な機会です。
せっかく幼児教室で質の高い学習をしたのなら、記憶を定着させるためにも必ず家で復習しておきたいですね。

子供が自分で考えることが復習になる

復習をするときには、子供にとって分かりにくいポイントについて、パパやママが全て説明するという方法は避けましょう。
できるだけ子供に説明をさせるようにするのが上手な復習のポイントです。
子供は自分で説明することで、なにを間違えたのか、どこを理解できていないのかを自然に把握できるようになります。

子供が自分で学習内容を説明できたということは、学習内容が復習によって身についたということです。
子供と復習をするときには「どうして分かったの?」「すごいね!」と大げさに褒めましょう。
こうすれば子供は達成感を得ることができ、学習への意欲も上がりやすくなります。

遊びを通して復習効果を高めるという方法も

幼児教室で教わったことをもとにして、なぞなぞやしりとりなどの遊びを考えるのもおすすめですよ。
英語の歌を親子で繰り返し歌うのも良いですね。
パパやママが一緒に遊べば、子供は楽しみながら復習することができます。

紙を切ってカードを作り、子供と一緒に絵や英単語を書き込んで遊びに使うのもよいでしょう。
絵を見て英単語を答えたり、英単語のカードを「動物」「食べ物」などカテゴリごとに分けるゲームをしたりと、さまざまな遊びを試してみましょう。
楽しく学べるカードを作成すれば、子供は自由に遊び方を考えて活用してくれるかもしれませんね。

子どもの学習机はいつ頃購入すべき?

学習内容を定着させるためには、こまめな復習が欠かせません。
しかし「勉強しなさい」と声掛けをするだけでは、子供の学習意欲はなかなか上がらないものです。
子供の記憶の定着を高めるためにも、楽しみながら復習できる方法をぜひ試してみてくださいね。

  • ニュースとイベント
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube