子供の「なんで?」「どうして?」への対処方法は?

子育て中の方や子育ての経験がある方にとって、「なぜなぜ期」と聞いたら心当たりのある方も多いと思います。
なぜなぜ期とはその名の通り、子供が「○○はなぜ?」「どうして○○になるの?」と次から次へと質問をしてくる時期のことです。

家事に子育てに大忙しの親にとっては、次から次へ質問されるとつい鬱陶しく思ってしまうこともあるでしょう。
しかし、この「なぜ?」は、子供の成長にとって非常に大切なことなのです。そこで、この時期の特徴や上手な対処法についてご紹介します。

子供の学習には「復習」が重要! 効率のよい復習方法をチェックしよう

子供の「なんで?」の特徴とは? 

なぜなぜ期が起こるメカニズム
「どうして月はまあるいの?」「木は何でできているの?」など、幼児期の子供が次から次へと身の回りの疑問を投げかけてくる時期があります。
主に2歳から6歳の子供に見られ、大人からしてみたら当たり前のことでも、ありとあらゆることを疑問に思って質問してきます。

心理学の分野では、2歳から6歳くらいまでのこの時期のことを「質問期」といい、第一質問期が2〜3歳、第二質問期が4〜6歳といわれています。
特にこの時期は、脳の発達面からもなんでも吸収できる時期なので、質問期は子供の好奇心や学習意欲が特に伸びる時期ともいわれています。
ですから、子供の「なぜ」を受け止めてあげることは非常に重要なことなのです。

なぜなぜ期の特徴
言葉が少しずつわかってくる2歳前後に「これなあに?」とよく訊く時期があり、そのあとに「なぜなぜ期」がやってくるとも言われます。
なぜなぜ期の子供は、とにかく身の回りの些細なことに始まり、あらゆることまで質問攻めにしてくるのが特徴です。
それに答えるとまた次の質問を、さらには同じことを何度も質問してくることも珍しくありません。
こちらの都合にはお構い無しで質問してくるので、鬱陶しく思ってしまうこともあるかもしれませんが、ここが踏ん張りどころです。

「なんで?」に上手に対処する方法 

子供の目線に合わせて誠意を持って答える
忙しくて答える余裕がなかったり、いざ答えに困ってしまうこともあるでしょう。

たとえば「どうして太陽は暖かいの?」と聞かれた際、「太陽光は、赤外線と可視光線が……」と正確に答えても、幼児にとってはよくわからないし、とっさにそこまで答えられない場合も多いですよね。

海外旅行で子供が得られることとは?

その場合は、「○○くんが寒くないように暖かくしてくれたのかもね」と答えてあげることでも子供は満足します。
「そういうものなのよ」とあしらってしまうのではなく、2〜3歳のうちであれば、多少メルヘンチックでも誠実に答えてあげる姿勢を大切にするといいでしょう。

「どう思う?」と逆に質問してみる
たまには「○○くんはどう思う?」と親から子供に質問をしてみましょう。
これにより、人に訊いてばかりでなく自分の力で考えることができるようになります。また、子供が自分で考えているうちに答えを見つけ出して納得する、ということもありますよ。

一緒に調べることを提案してみる
答えられない時は正直に、わからないと言ってしまってもいいでしょう。そのあとに、「一緒に調べてみようか」と提案し、辞書や図鑑、インターネットで一緒に調べてみるのです。
わからないことがあった場合はこのように自分で調べるのだという姿勢を見せることで、大きくなるにつれて自分から調べることができるようになります。

忙しい毎日を過ごしていると、子供の素朴な「なぜ?」の連続にひとつひとつ答える余裕がない時もあるかもしれません。
ですが、脳が目覚ましく発達するこの時期の「なぜ?」が、子供の成長にとって、どれだけ大切なことかおわかりいただけたかと思います。

そして、この好奇心をさらに伸ばしてあげるために、幼児教室を利用するのもいいですね。
知的好奇心がもっとも伸びるとも言われるこの時期にうまく「なぜ?」を受け止めてあげて、お子さんの可能性を伸ばしてあげてください。

  • ニュースとイベント
  • ウインタースクール
  • プリスクール・アフタースクール
  • 他施設でのジンボリー・クラス
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Twitter
  • Gymboree Youtube