What’s New一覧

2019年5月31日
ニュース

今年の夏ジンボリーの独自Bubble PassとSummer Campにご参加してみませんか?

4クラス、8クラスと12クラスの月毎のBubble Passは6/1-9/8まで実施します。0歳から6歳のお子様を持つご家族は忙しい夏休みスケジュールを基にして、お好みの保護者参加型クラスかドロップ・オフクラスをお選びできます。 7月と8月に3時間と5時間のSummer Campは1.5-6歳のお子様向けで月曜日〜金曜日 9:00-14:00(プリスクール)と15:00-18:00(午後のプログラム)にも実施する予定です。 夏の暑さと雨から逃げて、是非今年の夏休みをジンボリーで過ごしてみませんか?

2019年5月31日
ニュース

セントラルスポーツ成城店で実施するジンボリーレッスンにご参加しませんか?

セントラルスポーツ成城店の近くにお住いのお客様は是非毎週金曜日に実施するジンボリーのプレイとミュージッククラスにご参加して見てください。大人気の6ヶ月〜3歳のお子様向けのミュージッククラスを実施しています!ご興味があるお客様は是非セントラルスポーツ成城店にご連絡ください。ご体験レッスンを実施しています!

2019年5月30日
コラム

子供と一緒に英語学習! 歌をうたう時の注意点は?

覚えておいて損はない英語。子供には小さいころから英語に触れてもらいたいですよね。
子供に楽しく英語に親しんでもらおうと、英語の歌を聴かせるママさんやパパさんは多いのではないでしょうか?
そのような時に注意したい点がいくつかあります。
どうしたら英語を楽しく学んでもらえるのか、気をつけたいことなどをお話しします。

子供と一緒に英語学習! 歌をうたう時の注意点は?

歌のリズムに合わせて体を動かそう!

ただじっとして歌うよりも、リズムに合わせて手足を動かしながら歌うほうが、言葉の定着率は上がるといわれています。
その理由としては、手足を動かすことで大脳の感覚野と運動野の広い領域を使うことになり、脳の大部分が刺激されるからだそうです。

さらに手足を動かし遊び感覚で英語に触れることで「英語は楽しいもの」と意識することもできます。
また、親と子のスキンシップをたくさん取るきっかけにもなりますね。
スキンシップを取ることで分泌される「オキシトシン」と呼ばれるホルモンは安らぎを感じさせ、子供とママの心を落ち着かせます。
ただし生後間もない赤ちゃんの場合は、あまり激しくゆすらないように注意してくださいね。
首が座っていない子の場合は脳に強い衝撃を与えることになってしまいます。

英語に自信のないママ・パパも英語の歌にチャレンジ!

「私の発音なんかで大丈夫かしら?」とあまり英語に自信のないママやパパも、子供と一緒に英語で歌ってあげることが大切です。
子供は耳がいいので英語の正しい発音はCDから覚えることができます。
いかに正しい発音で歌うかより、一緒に英語を楽しむことが大切なのです。
きらきら星でおなじみの「Twinkle twinkle little star」や「Wind the Bobbin Up」(いとまき歌)は知っているメロディーで体を動かしながら歌えるのでおすすめです。

他にも「One little finger」は体のパーツの単語を覚えるきっかけにもなりますよ。

英語学習の成功の秘訣はたくさん褒めてあげること

英語学習において一番してはいけないことは、他の子と比べてママが焦ったり、できないからと叱ったりすることです。
とにかくたくさん褒めてあげることが成功の秘訣なので、英語の歌を歌っていたら心を込めて思いっきり褒めてあげましょう。
「英語で歌うとママが褒めてくれる!」と思うことで、子供は自主的に英語の歌を歌い、さらには英語の会話にも興味をもつようになります。
英語で「Very good!」と褒めてあげることも効果的ですよ。

英語で歌うときは体を動かして、楽しみながらお気に入りの曲を何度も歌うことが効果的なようですね。
ママやパパも一緒に英語の歌にチャレンジして、子供に楽しく英語を学んでもらいましょう。
幼児教室では、歌や音楽を取り入れた遊びを通して楽しく英語に触れることができます。「わが子に英語を」とお考えの方は幼児教室をご検討されてみてはいかがですか?

英語学習の成功の秘訣はたくさん褒めてあげること
2019年5月24日
コラム

公園でのアスレチック遊びは子供の成長にどんな効果がある?

子供は公園で遊ぶのが大好きですよね。特にアスレチックがあるような公園では大はしゃぎというお子さんも多いのではないでしょうか?
アスレチック遊びは楽しいだけでなく、子供の成長にも良い効果が期待できます。
そこで今回は、子供のアスレチック遊びにはどのような効果があるのか、また遊ぶときの注意点もご紹介します。

公園でのアスレチック遊びは子供の成長にどんな効果がある?

子供がアスレチックで遊ぶと得られる効果とは?

体力がつき、運動能力が向上する
アスレチックは主に丸太やロープなどの自然素材を中心に作られた遊具のことをいい、はしごやブランコ、ジャングルジムやターザンロープなど種類はたくさんあります。
全身を使ってつかむ、ぶらさがる、渡る、登るなどさまざまな動作を経験することができ、それは運動能力の向上につながります。
握力や腕力、物と体との距離感を把握する力、バランス感覚など、全身の使い方を学んでいくのです。

自発性や積極性が身につく
公園ではできるだけ子供の好きなように遊ばせてあげましょう。子供は「どれから遊ぼうかな?」「こういう順番で遊ぼうかな?」など自分で考えながら、いろいろなアスレチックにチャレンジしていくはずです。
自分の頭で考え、やりたいと思ったことに積極的に挑戦する、このような経験から自発性や積極性を身につけていきます。
また、アスレチックに夢中になっていると、気づかないうちに高いところまで登っていたり、スピードが出すぎたりして子供自身が「危ないかも」とひやりとする場面もあるかと思います。
こういった経験により危険回避の能力が磨かれるので、親はギリギリまで手を貸さずに見守るようにしましょう。

コミュニケーションの取り方やマナーを学べる
公園ではさまざまな年齢の子が思い思いに遊んでいます。その中で友達もできてくることでしょう。
子供にとって公園は、コミュニケーションの取り方やマナーなどを学んでいく場になるのです。
ブランコなどでは、順番待ちが発生することもありますね。
そのようなときには、親が「並んで順番を待つんだよ」と教えてあげましょう。
また、待っている子がいたらゆずるといった思いやりの心も育っていくはずです。

子供がアスレチックで遊ぶときの注意点

子供の年齢にあったアスレチックで遊ぼう
アスレチックには対象年齢というものがあります。アスレチックの説明に対象年齢が記載されているものもあるのでチェックしてみましょう。
対象年齢は安全面だけでなく、発達に応じた遊びができるように設定されています。子供の年齢に適した作りになっており、持っている運動能力をさらに引き出す効果もあるようです。

遊ぶときの服装に気をつけよう
アスレチックで遊ぶときには子供の服装や持ち物に気をつける必要があります。動きやすい服装を選ぶのはもちろんですが、遊具に引っかかりやすい服装は避けるようにしましょう。
例えば、フードのついた服や紐やリボンのついた服などです。水筒やバッグ、マフラーなどは外してから遊ぶようにしてくださいね。

アスレチックの老朽化には注意しよう
安全に遊べるアスレチックかどうか、老朽化していないか、親が事前に確かめておきましょう。
木が腐っていたり、ロープが切れそうになったりしているものは要注意です。
楽しいアスレチック遊びですが、思わぬ事故につながることもあるので気をつけてくださいね。

思い切り体を動かして遊べるアスレチックは、楽しいだけでなくいろいろな効果が期待できることがわかりましたね。
幼児教室では、ボール遊びやダンスなどからスポーツの基礎を学ぶこともできます。
もちろんコミュニケーション能力のアップも期待できるので、ぜひ幼児教室を検討してみてくださいね。

子供がアスレチックで遊ぶときの注意点
2019年3月31日
ニュース

PRIMOでプログラミングを初めてみませんか?

PRIMOでお子様にプログラミングの事を楽しく紹介しましょう。

2019年3月31日
ニュース

6月のベビーイベントにご参加してみませんか?

3月に元麻布教室(6/8 土)と自由が丘教室(6/9 日)に実施するベビー・イベント(6ヶ月〜12ヶ月の赤ちゃん向け)にご参加して見ませんか?

2019年2月26日
コラム

幼稚園の受験とは? 受験内容や準備について

子供を通わせたい幼稚園はすでに決まっていますか? 幼稚園によっては、受験を実施しているところも少なくありません。

特に、人気のある有名幼稚園や大学付属の幼稚園だと受験の難易度も上がり、事前の準備が大事になってきます。
しかし、初めての幼稚園受験は、何から始めればよいか分からず不安ですよね。今回は、幼稚園の受験の内容や準備などについて詳しくご紹介します。

幼稚園の受験とは? 受験内容や準備について

幼稚園受験のスケジュール

幼稚園受験はどのようなスケジュールで進んでいくのでしょうか?
ここでは幼稚園受験を決めてから結果発表までの流れを解説していきます。

希望する幼稚園の説明会へ参加
まずは、幼稚園の説明会へ参加しましょう。
説明会は幼稚園ごとに異なり、4月に始めるところもあれば受験直前の8月や9月に実施する園もあります。
そのため、希望の幼稚園の説明会の日程は、早めに確認すると良いでしょう。

幼稚園の見学や体験入園
幼稚園によっては、園内の見学や体験入園を実施しているところもあります。
実際の様子をみることで、幼稚園を決めるときの参考になるでしょう。

願書の提出
受験したい幼稚園が決まったら、いよいよ願書の提出です。
提出時期や締め切りは幼稚園によって異なるので、必ず確認が必要です。

受験
幼稚園受験は一般的に、10月か11月に行われることが多いようです。
風邪がはやる季節でもあるので、体調管理には気を付けましょう。

合格発表
結果の通知は、合否に関係なく受験の翌日から翌週ごろまでに郵送で届く場合が多いようです。

幼稚園の受験内容

幼稚園受験では一般的に、考査と面接が行われています。
それでは考査と面接について詳しく解説していきましょう。

考査について
幼稚園によって考査の内容は異なりますが、主に以下の点を見ることが多いでしょう。

・運動能力
マット運動や教師の動きを真似して行う模倣体操などがあります。

・知能
パズルや教師の話を記憶出来ているかなどの記憶力を調べます。

・手先の器用さ
絵を描かせたり、積み木遊びをさせたりして手の器用さを見ます。

・行動観察 自由に遊ばせて、教師とコミュニケーションがとれるか、大人数の中でトラブルを起こさず遊べるかなどの振る舞いを見ます。

・生活習慣
お片付けが出来るかなどを見ます。

面接
面接には、親だけで面接や親子で面接などさまざまなパターンがあります。
子供に対しては、自分の名前や好きな食べ物・嫌いな食べ物など簡単なことを聞かれることが多いでしょう。
親に対しては、志望理由や教育方針、しつけ、子供の普段の様子などの質問をする場合が多いので、事前に考えをまとめておくことをおすすめします。

幼稚園受験は事前準備が大事

幼稚園の受験では、前もってきちんと対策を立てることが重要です。
挨拶やお片付け、正しい言葉使いなどは面接が近づいてから慌てて教えなくても、日頃の生活や親の接し方で自然と身に着くものです。

心配なことがありましたら、生活習慣の見直しから始めましょう。
また家庭では知能面などのサポートが不安という場合、幼児教室へ通わせるのも良いでしょう。
希望する幼稚園の受験対策に力を入れている教室へ通わせると安心です。

幼稚園受験は、子供の受験ですが親の受験でもあります。親のしつけや教育、生活態度が子供には大きく影響するため、受験直前に対策するより日頃の努力が重要です。
また、受験で問われる点は日常生活の基本的な動作が多いので、受験をするかどうかに関係なく子供が出来るようにしておきましょう。

子どもの習い事の理想的な数
  • ニュースとイベント
  • bn05
  • GYMBO friends
  • Gymboree Facebook
  • Gymboree Youtube